東京2020オリンピック新競技「サーフィン」関連ニュースまとめ

2020年、初めてサーフィンがオリンピック競技となる。2016年8月に、リオデジャネイロで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、東京2020五輪でサーフィンが初めてオリンピック競技になることが承認され、同年12月、千葉・釣ヶ崎海岸(通称:志田下)が競技会場となることが決定した。

以来、関係各所はサーフィンの五輪デビューに向け、「五輪期間中に波がなかったらどうするのか」「オリンピック出場選手をどのように選抜するのか」などの課題も含め、様々な対応を進めている。

オリンピック関連のニュースをまとめた。

▼目次
1.東京2020五輪 サーフィン競技開催概要
2.五輪選考基準
3.日本代表選考
4.サーフィン会場問題 ウェーブプールか海か
5.オリンピックに向けた取り組み

1. 東京2020五輪 サーフィン競技開催概要

1-1. スケジュール

【オリンピック期間中の波はどうなる?】2020年東京五輪、サーフィン競技は7/26~7/29の4日間、フェスも同時開催。
2020年東京オリンピック・サーフィンのテストイベントは、7/18-21に実施。

1-2. チケット情報

2020年東京オリンピックのチケット販売価格が決定。サーフィンは3000円。

1-3. JOC/組織委員会関連情報

100円玉がサーフィンの図柄に!2020年東京オリンピック記念硬貨
2020年東京五輪のピクトグラムが決定、サーフィンはエアリアル。

2. 五輪選考基準

IOCとISAが2020年東京オリンピックの選考基準を発表!
2018年ISA世界サーフィン選手権(ワールドサーフィンゲームス)の出場枠が変更に
2020年東京五輪のプレビューイベント「2018 ISAワールドサーフィンゲームス(世界サーフィン選手権)」総集編
3年連続の日本開催!オリンピック予選も兼ねる「WSG」2019年大会は宮崎・木崎浜で開催

3. 日本代表「波乗りジャパン」選手選考

2020東京オリンピックに向け、サーフィン強化合宿。2018年3月に2度目のNSA・JPSA・WSLJ合同開催。
『2018 ISA世界サーフィン選手権』日本代表派遣選手決定!
2019年サーフィン強化指定選手および日本代表選手の選考基準が発表
「2019サーフィン強化指定選手」が正式決定!五十嵐カノア、前田マヒナなど計75名が選抜
サーフィン日本一決定戦『第1回 ジャパンオープン』5月6日、7日開催
2019年サーフィン強化合宿が終了。2020年東京五輪出場選考が本格的にスタート。
五十嵐カノアが急遽来日、千葉・志田下で公開練習(TSNオリジナル動画)
大村奈央が怪我で日本代表NAMINORI JAPAN離脱。橋本恋が繰り上げ召集。
最年長女子プロサーファー庵原美穂、オリンピックへの挑戦

4. 東京2020サーフィン会場問題 ウェーブプールか海か

東京五輪サーフィンでウェイブプールの可能性はあるのか
“東京五輪会場としてのウェイブプールの可能性”を総括
ケリースレーター・ウェイブカンパニー日本法人設立
2020東京オリンピックのサーフィン会場は「ウェイブプールではなく海」とISA会長が公言。
WSLのCEOが公言「2020東京五輪のウェイブプール開催を視野に入れている」
「ウェイブプールとオリンピックを巡る戦い」は終わったのか。
千葉・木更津「サーフランチ東京」人工波サーフィン施設建設計画の現在。
遂に開発許可。千葉・木更津のウェーブプールが2020年3月末に完成予定。五輪会場の代替候補!?
建設中断の可能性もあるのか。千葉・木更津の人工サーフィン施設

5. オリンピックに向けた取り組み

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け!サンプルを読む