2020年東京五輪のピクトグラムが決定、サーフィンはエアリアル。

2020年東京オリンピックの開催500日前となる3月12日、東京2020組織委員会は、東京2020オリンピックスポーツピクトグラム全33競技50種類を発表した。

スポーツピクトグラムは、その競技が一目で分かるように描かれた絵文字のようなもので、大会のポスターやチケット、サイン類、地図、WEBサイトなどあらゆるところで使用される。

1964年の東京五輪では「世界中の人々が言語を問わず誰でも理解ができるように」とデザインされたが、2020年はこのコンセプトに加えて「アスリートの躍動感も伝わるように」と設計された。

“アスリートの躍動感”を表すエアリアル

サーフィンのピクトグラムにはエアリアルが採用されている。五輪記念硬貨ではトップターンが描かれていたが、今回はなぜエアリアルなのだろうか?

あわせて読みたい:
100円玉がサーフィンの図柄に!2020年東京オリンピック記念硬貨

THE SURF NEWSが東京2020組織委員会に問い合わせたところ、今回ピクトグラムの開発にあたっては、ISA(国際サーフィン連盟)とNSA(日本サーフィン連盟)と協議をしながら、「今回のコンセプトである“アスリートの躍動感”を一番表すものとしてエアリアルを採用した」という。

モデルにした選手がいるのかについても尋ねてみたが、「特定の選手をモデルにした訳ではないが、複数の国際大会の様子を見て参考にした。」とのことだった。

開幕まで500日を切り、4月からはいよいよ観戦チケットの抽選申込も始まる。大会が近づいていることを感じさせるニュースとなった。

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。