サーフィン世界/国内ランキング[2024]

2023年
▼目次
WSL年間ランキング

・CTランキング[男子]
・CTランキング[女子]
・CSランキング[男子]
・CSランキング[女子]
・QSランキング[男子]
・QSランキング[女子]
JPSA年間ランキング
・ショートボード[男子]
・ショートボード[女子]
・ロングボード[男子]
・ロングボード[女子]

2021年からWSLのツアー体制が大きく変更となり、上からCT、CS、QSの3部構成になる。コロナ禍により以降もQSがリージョン内でのランキングとなる等特例措置が取られる中で、CSフォーマットやアジアリージョナル内の選考基準変更等が続き、2023年以降のツアー構成が以下に決定。

≫2023年のCSフォーマット変更
≫2023年のアジアリージョナル選考基準変更

★WSL日本語版ルールブック/メンバーシップ登録手引き

図: THE SURF NEWS作成

WSL 2024 男子 CTランキング

World Surf Leagueが組織する世界最高峰のプロサーフィンツアーである「チャンピオンシップツアー(CT)」の男子ランキング。2024年シーズンのCTは7カ国9戦。全9戦のうち下位2イベントを差し引いた合計ポイントでランキングが決定する。

2022年から導入されたミッドシーズンカットが継続し、前半5戦が終了した時点でメンズは36名から22名(+ワイルドカード)に絞られる。この22名は自動的に翌年のCTに残留となる。全9戦終了時点での上位5名が9月の「WSL Finals」に進出する。そこでの勝者が「ワールドチャンピオン」となる。

ミッドシーズンカットに該当した選手は、4~10月に行われるCSからリクオリファイを目指す。

順位選手名ポイント
1グリフィン・コラピント●☆アメリカ25,865
2ジャック・ロビンソン●☆オーストラリア24,650
3ジョン・ジョン・フローレンス●☆ハワイ23,665
4イーサン・ユーイング●☆オーストラリア20,610
5ジョーディ・スミス●☆南アフリカ16,905
6ジェイク・マーシャル●アメリカ16,130
7バロン・マミヤ●ハワイ15,980
8コール・ハウッシュマンド●アメリカ15,980
9五十嵐カノア●☆日本15,770
10リアム・オブライエン●オーストラリア14,705
11イマイカラニ・デヴォルト●ハワイ14,140
12クロスビー・コラピント●アメリカ14,055
13セス・モニーツ●ハワイ13,490
14和井田理央●インドネシア12,990
15ラムジ・ブキアム●モロッコ12,715
16イタロ・フェレイラ●ブラジル12,715
17レオナルド・フィオラヴァンティ●☆イタリア12,150
18ライアン・カリナン●オーストラリア12,065
19ガブリエル・メディナ●ブラジル12,065
20マシュー・マクギリヴレイ●☆南アフリカ12,065
21コナー・オレアリー●日本12,065
22ヤゴ・ドラ●ブラジル11,290
--MID-SEASON CUT LINE--------------------
23サミュエル・プーポブラジル10,725
24イアン・ジェンティルハワイ10,075
25カイオ・イベリブラジル9,300
26ミゲル・プーポブラジル9,300
27ケイド・マトソンアメリカ8,735
28ジェイコブ・ウィルコックスオーストラリア7,310
29フレデリコ・モライスポルトガル7,310
30カラム・ロブソンオーストラリア6,245
31イーライ・ハンネマンハワイ5,320
32ケリー・スレーターアメリカ5,320
33デイビッド・シルヴァブラジル5,320
34ジョアオ・チアンカ☆ブラジル1,060
35フィリッペ・トレド☆ブラジル265

更新日:2024/4/23
●ミッドシーズンカットをクリアした選手
☆CT枠より、パリ2024オリンピック出場資格獲得選手
≫2024 男子 CTランキングをすべて見る
≫2024 CTスケジュール詳細

WSL 2024 女子 CTランキング

World Surf Leagueが組織する世界最高峰のプロサーフィンツアーである「チャンピオンシップツアー(CT)」の女子ランキング。2024年シーズンもCTは男子と同様の7カ国9戦。全9戦のうち下位2イベントを差し引いた合計ポイントでランキングが決定する。

前半5戦が終了した時点でウィメンズは18名から10名(+ワイルドカード)に絞られる。この10名は自動的に翌年のCTに残留となる。全9戦終了時点での上位5名が9月の「WSL Finals」に進出する。そこでの勝者が「ワールドチャンピオン」となる。

ミッドシーズンカットに該当した選手は、4~10月に行われるCSからリクオリファイを目指す。

順位選手名ポイント
1ケイトリン・シマーズアメリカ29,490
2ジョアン・ディファイ●☆フランス27,290
3モリー・ピックラム●☆オーストラリア25,155
4ブリサ・ヘネシー●☆コスタリカ24,340
5ガブリエラ・ブライアン●ハワイ22,100
6キャロライン・マークス●☆アメリカ21,660
7ベティルー・サクラ・ジョンソン●ハワイ21,240
8タイラー・ライト●☆オーストラリア19,105
9タティアナ・ウェストン・ウェブ●☆ブラジル18,185
10ソーヤー・リンドブラッド●アメリカ17,765
--MID-SEASON CUT LINE--------------------
11レイキー・ピーターソンアメリカ16,050
12ルアーナ・シルヴァハワイ14,710
13サリー・フィッツギボンズオーストラリア12,575
14イザベラ・ニコルズオーストラリア12,575
15インディア・ロビンソンハワイ12,575
16アリッサ・スペンサーアメリカ10,440
17ソフィ・マックロックオーストラリア8,875
18カリッサ・ムーア☆ハワイ1,045

更新日:2024/4/23
●ミッドシーズンカットをクリアした選手
☆CT枠より、パリ2024オリンピック出場資格獲得選手
≫2024 女子 CTランキングをすべて見る
≫2024 CTスケジュール詳細

WSL 2024 男子 CSランキング

2024年5月からスタートする「チャレンジャーシリーズ(CS)」の男子ランキング。上位10名(+ワイルドカード2名)が翌年のCT参加資格を得る。

順位選手名ポイント
1サミュエル・プーポブラジル12,545
2アレホ・ムニーツブラジル11,120
3マイキー・マクドナーオーストラリア10,600
4ジョーダン・ローラーオーストラリア10,000
5イアン・ゴーベイアブラジル9,490
5ジョアオ・チアンカブラジル4,745
6ジョージ・ピッターオーストラリア9,405
7ガディアン・デラヘイフランス6,685
7ジョシュ・バークバルバドス6,685
7ミゲル・プーポブラジル6,685
10マイケル・ロドリゲスブラジル6,645
--CT QUALIFICATION LINE--------------------
11タロウ・ワタナベアメリカ5,445
11ダコタ・ウォルターズオーストラリア5,445
13イーライ・ハンネマンハワイ5,345
14リーヴァイ・スロウソンアメリカ5,220
15ディミトリ・プーロスアメリカ5,020
18大原洋人日本4,020
...52伊東李安琉日本1,950
...67大音凜太日本950

更新日:2024/5/14
≫2024 男子 CSランキングをすべて見る
≫2024 CSスケジュール詳細

WSL 2024 女子 CSランキング

2024年5月からスタートする「チャレンジャーシリーズ(CS)」の女子ランキング。上位5名(+ワイルドカード2名)が翌年のCT参加資格を得る。

順位選手名ポイント
1エリン・ブルックスカナダ17,800
2イザベラ・ニコルズオーストラリア16,085
3サリー・フィッツギボンズオーストラリア12,170
4ナディア・エロスターブバスク地方10,830
5ルアーナ・シルヴァブラジル9,700
--CT QUALIFICATION LINE--------------------
6アリッサ・スペンサーアメリカ9,490
7メイシー・キャラハンオーストラリア8,065
7ヴァヒネ・フィエロフランス8,065
7ブロンテ・マコーレーオーストラリア8,065
7ヨランダ・ホプキンスポルトガル8,065
11インディア・ロビンソンオーストラリア6,640
11ニッキ・ヴァン・ダイクオーストラリア6,640
13ベラ・ケンオアリーアメリカ6,445
14テレッサ・ボンバロポルトガル5,220
14ゾーイ・ベネデットアメリカ5,220
...20松岡亜音日本3,800
...30都築虹帆日本2,600
...33都筑有夢路日本2,550
...35脇田紗良日本2,400

更新日:2024/5/14
≫2024 女子 CSランキングをすべて見る
≫2024 CSスケジュール詳細

WSL 2023/2024 男子 QSランキング〈アジア〉

「クオリファイングシリーズ(QS)」アジアリージョンの男子ランキング。2024年3月までに開催されたイベントのうち上位5イベントの合計ポイントでランキングが決定。上位5名(+ワイルドカード1名)が翌年のCS参加資格を得る。

順位選手名ポイント
1キアン・マーティン●スウェーデン10,210
2伊東李安琉日本9,692
3大音凛太日本9,538
4安室丈日本9,503
5大原洋人●日本9,345
6西慶司郎日本9,242
7ジョン・マーク・トコンフィリピン8,340
8クトゥ・アグース●インドネシア8,321
9加藤翔平日本7,898
10小濃来波日本7,557
11田中大貴●日本7,513
12岩見天獅日本6,635
13ダニー・ウィディアントインドネシア6,166
14オニ―・アンワーインドネシア5,723
15鈴木仁日本5,360
16和井田理央 CTインドネシア5,000
17金澤呂偉日本4,960
18安井拓海日本4,795
19太田拓杜日本4,513
20ロバート・マガルナフィリピン3,644

更新日:2024/3/18
●2023CS出場選手
≫2022/2023 男子 QSランキングをすべて見る

WSL 2023/2024 女子 QSランキング〈アジア〉

「クオリファイングシリーズ(QS)」アジアリージョンの女子ランキング。2024年3月までに開催されたイベントのうち上位5イベントの合計ポイントでランキングが決定。上位3名(+ワイルドカード1名)が翌年のCS参加資格を得る。

順位選手名ポイント
1脇田紗良日本14,962
2松岡亜音●日本13,987
3都筑有夢路●日本12,125
4野中美波●日本11,787
5都築虹帆●日本11,256
6中塩佳那日本11,073
7佐藤李日本7,534
8池田美来日本7,130
9スカイ・ブラウンイギリス6,931
10松田詩野日本6,855
11松永莉奈日本5,819
12馬庭彩日本5,065
13芳田花瑚日本4,993
14大村奈央日本4,978
15川合美乃里日本4,663
16川瀬心那日本3,496
17井上楓日本3,326
18ジャスミン・スチューダーインドネシア3,066
19イン・スージョン韓国2,916
20宮坂麻衣子日本2,911

更新日:2024/3/18
●2023CS出場選手
≫2022/2023 女子 QSランキングをすべて見る


■国内プロツアーランキング

JPSA 2023 ショートボード男子

日本プロサーフィン連盟(JPSA)ショートボード部門男子。2023年は全5戦中、上位4戦のポイント合計で年間ランキングを決定。
※同順位の場合は全5戦合計、さらに同順位の場合は最高ポイントで決定。

順位選手名ホームポイント
1西慶司郎海部6,420
2塚本勇太サンライズ5,440
3古川海夕志田下、東浪見、一宮5,120
4西優司海部5,000
5加藤翔平志田下4,840
6増田来希小倉ヶ浜、金ヶ浜4,500
7平原颯馬茅ヶ崎4,280
8仲村拓久未国府の浜3,960
9川俣海徳志田、太東、汲み上3,900
10松永大輝御宿、勝浦3,900
11堀越類湘南鵠沼3,800
12本郷拓弥磯ノ浦、国府の浜3,740
13森友二茅ヶ崎3,740
14鈴木仁Skw3,644
15須田喬士郎種子島3,584
16関口真央日向3,580
17三輪紘也静波、御前崎3,460
18佐藤魁湘南茅ヶ崎3,440
19安室丈海部、生見3,280
20田中英義一宮~太東3,244

更新日:2023/10/30
≫JPSAショート男子ランキングをすべて見る

JPSA 2023 ショートボード女子

日本プロサーフィン連盟(JPSA)ショートボード部門女子。2023年は全5戦中、上位4戦のポイント合計で年間ランキングを決定。
※同順位の場合は全5戦合計、さらに同順位の場合は最高ポイントで決定。

順位選手名ホームポイント
1川合美乃里志田下7,160
2大村奈央鵠沼5,600
3川瀬心那国府の浜5,560
3松野杏莉志田下5,560
5宮坂麻衣子千葉5,520
6中塩佳那志田下、サンライズ4,440
7大矢ひいな茅ヶ崎4,320
8江口彩花志田下、いすみ3,960
9庄司莉花湯河原、吉浜海岸3,880
10芳田花瑚パブリック、木崎浜3,840

更新日:2023/10/30
≫JPSAショート女子ランキングをすべて見る

JPSA 2023 ロングボード男子

日本プロサーフィン連盟(JPSA)ロングボード部門の男子年間ランキング。2023年は全4戦中、上位3戦のポイント合計で年間ランキングを決定。
※同順位の場合は全4戦合計、さらに同順位の場合は最高ポイントで決定。

順位選手名ホームポイント
1浜瀬海平塚、生コン6,000
2秋本祥坪加江田5,160
3武川慎生見ビーチ4,280
4塚本将也千葉4,280
5増山翔太茅ヶ崎4,160
6堀井哲鵠沼、江ノ島東浜3,760
6西口京佑木崎浜、加江田3,760
8小熊海ノ介鵠沼3,640
9中井晴千葉3,400
10高貫佑麻千葉一宮2,852
11石井乃亜湘南2,760
12堀井創江の島、東浜2,740
13森大騎太東 千葉2,720
14榊原彩大市後浜(三重県志摩市)2,600
15中山祐樹千葉2,600
16梶原裕太千葉、茨城2,580

更新日:2023/10/30
≫JPSAロング男子ランキングをすべて見る

JPSA 2023 ロングボード女子

日本プロサーフィン連盟(JPSA)ロングボード部門の女子年間ランキング。2023年は全4戦中、上位3戦のポイント合計で年間ランキングを決定。
※同順位の場合は全4戦合計、さらに同順位の場合は最高ポイントで決定。

順位選手名ホームポイント
1吉川広夏御宿5,720
2大村結衣磯ノ浦、サウスショア ハワイ4,480
3小林恵理子湘南鎌倉4,280
4菅谷裕美4,080
5古家伸子福岡3,840
6田岡なつみ太東、東浪見3,720
7関口海璃湘南、鵠沼3,720
8小栗瑞恵鴨川3,560

更新日:2023/10/30
≫JPSAロング女子ランキングをすべて見る