Photo: THE SURF NEWS

2020年3月サーフィン強化選手合宿を中止、新型コロナ対策

3月5日、日本サーフィン連盟(NSA)は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受けて、3月26日から27日にかけて千葉・鴨川で予定されていた『サーフィン強化合宿』の中止を発表した。

この強化合宿は、前年の各リーグでの成績をもとに選出された上記強化指定選手に、ジュニア強化指定選手を加えた約80名を対象に実施し、4月の『第2回 ジャパンオープンオブサーフィン』に出場する選手を選出する予定だった。

ジャパンオープンは現時点では実施の方向であり、大会開催前の4月18日~19日の2日間にわたり「トライアル合宿」を実施し本戦への選考を行う形に切り替える。波のコンディションや、新型コロナウイルスの拡大状況により、日程は変更となる場合もある。

ジャパンオープンで男女首位となった選手は、東京オリンピック出場選考大会である『2020 ISAワールドサーフィンゲームス(5月・エルサルバドル開催)』に日本代表として出場することになる。

トライアル合宿

日程:2020年4月18日(土)-19日(日) 
会場:千葉県 一ノ宮海岸
参加者:2020年強化指定選手

2019年WSL日本人選手男女8位までの選手はトライアルを免除とし本戦出場となる。

■トライアル免除選手
男子:稲葉玲王、大原洋人、安室丈、新井洋人、村上舜、加藤嵐、鈴木仁
女子:前田マヒナ、脇田紗良、黒川日菜子、橋本恋、川合美乃里、野中美波、西元エミリ

第2回 ジャパンオープンオブサーフィン

スケジュール:
2020年4月19日(日) 開会式
4月20日(月) 本戦女子R1~
4月21日(火) 本戦男子R1~
4月22日(水) 決勝

日本サーフィン連盟公式サイト:http://www.nsa-surf.org/news/20200305/

(THE SURF NEWS編集部)

≫各地域の連盟や自治体からの自粛要請、駐車場の閉鎖やイベント中止情報は「新型コロナウイルスによるサーフィン業界への影響まとめ」にて更新中

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。