Photo: ISA

ISAが『2020 ISAワールドサーフィンゲームス』を6月に延期

現地時間3月22日、ISA(国際サーフィン連盟)は世界中で感染拡大している新型コロナウィルス(COVID-19)を考慮して中米・エルサルバドルで5月9日〜17日に開催予定だった『2020 ISAワールドサーフィンゲームス』の延期を発表。

アスリート、ファン、スタッフ、役員、地域コミュニティの安全を考慮した末の判断で、エルサルバトル政府とも合意。
暫定的ながら6月6日〜14日に新しい開催日を設定した。

これは5月末までの全てのイベントのキャンセルまたは延期を発表したWSLとも一致している。

『2020 ISAワールドサーフィンゲームス』は東京オリンピックの選手選考の優先順位2番目の重要なイベント。五十嵐カノア、村上舜、都筑有夢路、松田詩野の4名と、4月のジャパンオープン優勝者男女各1名が、日本代表として出場予定だった。

ISAは東京オリンピックの計画に関してはIOC理事会の決定に留意すると共に今後数週間に渡り、選手選考の変更も含めてIOCと緊密な協議を続ける。

4月20日にイベントが開催可能かどうかの再検討がされる

(世界中が一致団結してこのウィルスに勝たなければいけない!)
Photo: ISA / Ben Reed

ISAはイベント開催に向けて当局と公衆衛生の専門家から提供された情報を引き続き使用。
アスリートとチーム、『2020 ISAワールドサーフィンゲームス』に関わる全ての人の安全がISAの最優先事項である。

ISAはエルサルバドルの協力と共にコロナウィルスの世界的な感染状況とエルサルバドル国内での感染状況を日々追跡し続け、4月20日にイベントが開催可能かどうかの再検討をする。

ISA会長のフェルナンド・アギーレ氏の声明

「世界中のサーファーの心配を全て理解して同情しています。このウィルスを封じ込めるために世界的な取り組み、対処をしています。とても難しく、誰もが見通しが利かない時間を過ごしているからこそ、私達は海への愛と未来を信じてこれまで以上に団結しなければいけません。私達は責任ある行動を取り、出来るだけ早く安全に海に戻れるように努力します」

参考記事:ISA Postpones Surf City El Salvador ISA World Surfing Games

(空海)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。