Photo: THE SURF NEWS

2019年サーフィン強化指定選手および日本代表選手の選考基準が発表

12月27日、NSA(日本サーフィン連盟)は、2019年の強化指定選手選考基準を発表した。

また、2020年東京五輪予選となる「2019 ISAワールドサーフィンゲームス」および、そのジュニア大会となる「2019 ISA ワールドジュニアサーフィンチャンピオンシップ」に出場する日本代表選手の選考基準も発表。

今回の発表にて、2020年東京オリンピック出場までの道のりが、また明確になった。

オリンピック出場を目指す選手にとっては、まずは2019年5月に開催される「ジャパンオープン」で優勝し、同年9月の「ワールドサーフィンゲームス」に出場することが現実的な道となる。
※2020年東京オリンピック出場を果たすためには、2019年のワールドサーフィンゲームスへの出場が必須。

選考基準の詳細は以下。


2019年 強化指定選手基準

・2018年WQSランキング上位8名 男女
・2018年JPSAランキング上位4名 男女
・2018年NSAランキング上位2名 男女(メンクラス、ウィメンクラス)
・2018年、2017年世界戦、世界ジュニア代表選手 男女
・2018年世界選手権補欠1名 男女
・2018年世界Jr.選手権補欠各クラス1名 男女
※あくまでも基準であり、ランキングの重複等があった場合はこの限りではない。
※尚、東京2020組織委員会、IOC(国際オリンピック委員会)、ISA(国際サーフィン連盟)の規定が変更になった場合はNSA強化指定基準も変更になる場合がある。

A指定選手
CT、WQSランキング男100位以内、女50位以内
2018世界選手権、2018世界ジュニア選手権メダリスト
NSA主催大会優勝2回

B指定選手
WQSランキング男200位以内、女100位以内
2018、2017世界選手権、2018、2017世界ジュニア選手権メンバー
JPSAグランドチャンピオン

C指定選手
WQSランキング男200位以下、女100位以下
2018、2017世界選手権、2018、2017世界ジュニア選手権補欠

(別枠)Jr.強化指定選手
U18 6名(想定) 男女
U16 6名(想定) 男女 別途規定(後日発表)
U12 3名(想定) 男女

また、2019年3月30日(土)-31日(日)に、千葉県鴨川市東条海岸(マルキポイント)にて2019年強化指定選手合宿を開催。
先日発表された「第1回 ジャパンオープンオブサーフィン」の出場選考も兼ねた合宿となる。


「2019年サーフィン世界選手権」日本代表選考基準

■日本代表NAMINORI JAPAN選考方法
出場大会:2019 ISA ワールドサーフィンゲームス(2019年9月宮崎県宮崎市開催)

Open Men
2018ワールドランキング1位 (1) 《 WSL Championship Tourも含むものとする。》
2019世界選手権選考大会(第1回 ジャパンオープンオブサーフィン)優勝者 (1)
ISA世界選手権の成績(強化部推薦枠) (1)

Open Women
2018ワールドランキング1位 (1) 《 WSL Championship Tourも含むものとする。》
2019世界選手権選考大会(第1回 ジャパンオープンオブサーフィン)優勝者 (1)
ISA世界選手権の成績(強化部推薦枠) (1)

※但し、 2019世界選手権選考大会(第1回 ジャパンオープンオブサーフィン)優勝者で強化規約に反する選手はその限りではない。

■2019年日本代表NAMINORI JAPAN(Jr.)選考方法
出場大会:2019 ISA ワールドジュニアサーフィンチャンピオンシップ(開催時期、場所は未定)

U18Boys
2018NSAランキングジュニア1位または2018NSAランキングボーイズ(2018年よりU18になる選手)1位(1)
2019NSAジュニアオープン優勝(1)
強化部推薦枠(1)

U18Girls
2018NSAランキング1位 (1)
2019NSAジュニアオープン優勝(1)
強化部推薦枠(1)

U16Boys
2018NSAランキングボーイズ1位(1)
2019NSAジュニアオープン優勝(1)
強化部推薦枠(1)

U16Girls
2018NSAランキング1位 (1)
2019NSAジュニアオープン優勝(1)
強化部推薦枠(1)

※1:U18Boysクラスにおいて、NSAランキングのジュニアクラス、ボーイズクラスの1位が二人いる場合、
ジュニアクラスの1位を優先する。また、ランキングの1位の選手がいない場合は、強化部推薦枠が増える。
※2:2018年NSA Girlsランキング1位がU16Girls対象者の場合、繰り下げはせず、強化部推薦枠が増える。
※3:2019年NSA ジュニアオープン優勝者がU16Girls対象者の場合、繰り下げはせず、強化部推薦枠が増える。
※4:2019年NSA ジュニアオープン優勝者がU18Girls対象者の場合、繰り下げはせず、強化部推薦枠が増える。
※尚、東京2020組織委員会、IOC(国際オリンピック委員会)、ISA(国際サーフィン連盟)の規定が変更になった場合はNSA強化指定基準も変更になる場合がある。


詳細:サーフィン強化指定選手及び世界選手権(Jr.)選考基準発表|NSA公式サイト

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む