サーフィン日本一決定戦『第1回 ジャパンオープン』5月6日、7日開催

12月26日、NSA(日本サーフィン連盟)は、『第1回ジャパンオープンオブサーフィン』を5月6日、7日に開催することを発表した。

本大会は、2020年東京オリンピック予選となる「2019 ISA ワールドサーフィンゲームス」に出場する日本代表選手“波乗りジャパン”の選考大会となる。

5月6、7日にオリンピック会場の志田下で開催

オリンピック会場となっている、千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸(通称:志田下)で開催され、男女各16名が出場する。NSAによれば、出場選手の選考方法は、現在最終検討中とのこと。

あわせて読みたい:
【オリンピック期間中の波はどうなる?】2020年東京五輪、サーフィン競技は7/26~7/29の4日間、フェスも同時開催。

サーフィンの日本一が決まる

日本においてサーフィンを統括する団体は主に以下の3つ。

・アマチュア団体 日本サーフィン連盟(NSA)
・プロ団体 日本プロサーフィン連盟(JPSA)
・世界最高峰のプロリーグWorld Surf Leagueの日本支部(WSL JAPAN)

普段は各選手が所属するリーグの試合にそれぞれ出場しているが、この「ジャパンオープン」は3リーグ合同での開催となるため、団体横断的に“日本一”を決めるコンテストとなる。

オリンピック予選にむけた重要な試合

本大会は、2020年東京オリンピックの予選大会となる「2019 ISA ワールドサーフィンゲームス」(2019年9月、宮崎県宮崎市開催)に出場する日本代表の選考大会となるため、今までにない重要な位置づけとなる。

あわせて読みたい:
3年連続の日本開催!オリンピック予選も兼ねる「WSG」2019年大会は宮崎・木崎浜で開催

■「第1回 ジャパンオープンオブサーフィン」開催概要

大会名称:
第1回 ジャパンオープンオブサーフィン
(英名:THE 1st JAPAN OPEN OF SURFING)
開催期間:
2019年 5月6~7日
開催地:
千葉県一宮町 釣ヶ崎海岸(通称:志田下)
主催:
一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)
主管:
ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会
出場選手:
男子16名、女子16名
公式サイト:
JAPAN OPEN OF SURFING

(THE SURF NEWS編集部)


日本代表派遣選手プロフィール「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。