PHOTO: © ISA/JIMENEZ

東京2020オリンピック新競技「サーフィン」日程・日本代表・チケット・会場

2020年東京オリンピックで初めて五輪競技となる「サーフィン」の五輪開催概要やチケット情報、日本代表選手・出場選考、会場問題など、オリンピック関連のニュースをまとめた。

2016年8月に、リオデジャネイロで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、東京2020五輪でサーフィンが初めてオリンピック競技になることが承認され、同年12月、千葉・釣ヶ崎海岸(通称:志田下)が競技会場となることが決定した。

以来、関係各所は「五輪期間中に波がなかったらどうするのか」「オリンピック出場選手をどのように選抜するのか」などの課題も含め、様々な対応を進めてきた。果たしてサーフィンはどのような五輪デビューを果たすのか目が離せない。

▼目次
1.五輪サーフィン競技スケジュール
2.五輪出場選手・選考基準
3.チケット情報
4.日本代表“波乗りジャパン”
5.会場(千葉県一宮町・釣ヶ崎海岸)
6.オリンピックに向けた取り組み

1. 東京2020五輪 サーフィン競技開催スケジュール

7月26日(日) 7時~16時20分 [男女 ラウンド1・2]
7月27日(月) 7時~16時40分 [男女 ラウンド3]
7月28日(火) 7時~14時20分 [男女 準々決勝/準決勝]
7月29日(水) 8時~11時35分 [男女 3位決定戦/決勝/表彰式]
7月30日(木)~8月2日(日) 7時~18時30分 [種目実施未定(予備日)]

※2019年11月21日時点
※7/26~8/2にわたって、サーフィンフェスティバルを開催。延期となった競技が当日開催される場合、フェスティバル開催時間内(7:00~18:30)で実施予定。
※開始・終了時間はチケット単位。

※今後の調整により、変更となる可能性もある。
詳細は公式サイト参照

【オリンピック期間中の波はどうなる?】2020年東京五輪、サーフィン競技は7/26~7/29の4日間、フェスも同時開催。

2. 五輪出場選手・選考

男子(計20名)

女子(計20名)

選考基準について
≫IOCとISAが2020年東京オリンピックの選考基準を発表

3. チケット情報

2020年東京オリンピックのチケット販売価格が決定。サーフィンは3000円。
【東京2020五輪サーフィン】観戦チケット抽選申込は5/9~28の20日間!
【東京2020五輪サーフィン】五輪観戦チケット申込方法を紹介、受付は5/28まで!
【東京2020五輪サーフィン】五輪観戦チケット第2次抽選は11/26申込終了、12/18結果発表!
【東京2020五輪サーフィン】観戦チケット2/20から先行窓口販売のはがき申込開始、春期発売はウェブや窓口で先着順

4. 日本代表「波乗りジャパン」選手選考

▼2020年

2020年東京五輪にむけ、波乗りジャパンの国内代表選考イベントを発表

▼2019年

五十嵐カノアが2020年東京五輪サーフィン日本代表出場権を獲得!
村上舜&松田詩野がアジア1位、条件付で五輪出場権を獲得【2019ISAワールドサーフィンゲームス】
村上舜&松田詩野が優勝、ISA世界選手権の日本代表が決定【ジャパンオープン最終日】

≫2019年サーフィン強化合宿が終了、2020年東京五輪出場選考が本格的にスタート
≫2019サーフィン強化指定選手が正式決定
≫2019年サーフィン強化指定選手および日本代表選手の選考基準が発表

▼2018年

≫『2018 ISAワールドサーフィンゲームス(世界サーフィン選手権)』総集編
≫『2018 ISA世界サーフィン選手権』日本代表派遣選手決定
≫『2018年ISA世界サーフィン選手権』の出場枠が変更に
≫2018年強化合宿

5. 会場

着々と進みだした五輪サーフィン会場整備。組織委員会が一宮住民説明会を実施。
【東京五輪サーフィン】千葉・釣ヶ崎海岸でテストイベント開幕

▼五輪会場問題 ウェーブプールか海か

東京五輪サーフィンでウェイブプールの可能性はあるのか
“東京五輪会場としてのウェイブプールの可能性”を総括
ケリースレーター・ウェイブカンパニー日本法人設立
2020東京オリンピックのサーフィン会場は「ウェイブプールではなく海」とISA会長が公言。
WSLのCEOが公言「2020東京五輪のウェイブプール開催を視野に入れている」
「ウェイブプールとオリンピックを巡る戦い」は終わったのか。
千葉・木更津「サーフランチ東京」人工波サーフィン施設建設計画の現在。
遂に開発許可。千葉・木更津のウェーブプールが2020年3月末に完成予定。五輪会場の代替候補!?
建設中断の可能性もあるのか。千葉・木更津の人工サーフィン施設
建設中止の可能性大?!千葉・木更津の人工サーフィン施設「サーフランチ東京」

6. オリンピックに向けた取り組み

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。