Gold Coast - Photo: WSL

トライアル枠見直し:2019年CT初戦はよりローカルにチャンスが

CT(チャンピオンシップツアー)イベントに設けられているワイルドカード枠(特別出場枠)。

メンズであれば2枠設けられていて、1枠はイベント開催国または開催エリアのサーファーから選出するローカル枠、もう一方はワールドツアー運営のWSLまたはタイトル(冠)スポンサーからの選出となる事が大半です。

ローカル枠を作っている意義としては、イベント開催でサーフスポットを使用させてもらうことに対する還元、ローカル出場によりイベントの盛り上がりが増すなどといった意味合いを込めてのこと。

基本的なコンセプトは上記の通りで、ローカル枠の選出はローカルトライアルイベントが一般的でしたが、最近ではトライアルのローカル出場枠が減ったり、トライアル自体が行われないイベントも。

そこで本来の目的を取り戻すべくか、2019年CT初戦となるメンズ「クイックシルバープロ」、ウイメンズ「ブーストモバイルプロ」ではローカルからのトライアル出場者の枠は大幅に増やすとWSLが発表。

昨年の同イベントを振り返ると、メンズがレオナルド・フィオラヴァンティ(イタリア)、ウイメンズがビアンカ・ビュイテンダグ(南アフリカ)がトライアル優勝でワイルドカードを獲得。

2018年トライアル優勝のレオナルド・フィオラヴァンティ
Photo: WSL / ED SLOANE

ローカルトライアルではあるものの、ここ最近はタイトルスポンサーが抱えるインターナショナルライダーの出場や活躍が目立っていたので、ローカルへのチャンスを増やすと言う意味では大きな変化と言えます。

トライアルの詳細については、本戦のウェイティングピリオド初日(4月3日)の前日となる2日に開催。トライアルから本戦出場となるワイルドカードを得るのは男女共に優勝者1名。

出場者はメンズが16名、ウイメンズが12名で、主な対象者となるのはオーストラリア・クイーンズランド州、キラ/Dバー/スナッパー(クーランガッタ)のサーファー。

メンズ16枠、ウイメンズ12枠の詳細は以下の通り。

-メンズ

1. WSL – Snapper Rocks BRC – Spot 1 – TBD
2. WSL – Snapper Rocks BRC Spot 2 – TBD
3. WSL – Local Trials Spot 1 (Kirra/Dbah/Snapper Trials) – TBD
4. WSL – Local Trials Spot 2 (Kirra/Dbah/Snapper Trials) – TBD
5. Surfing Queensland – QCC Winner – Lincoln Taylor
6. Surfing Queensland – U/18 Winner – Alister Reginato
7. Surfing Queensland/WSL – Highest QLDer on QS after Manly
8. WSL – Highest Australian from the 2018 QS not in the event – Ethan Ewing
9. WSL INTL – Highest Australian on QS after Manly
10. WSL – Regional JQS Winner 2018 – Kehu Butler
11. WSL – Regional QS Winner 2018 – Jackson Baker
12. WSL INTL – Wildcard – TBD
13. Quiksilver – Queensland Surfer – TBD
14. Quiksilver – Australian Surfer – TBD
15. Quiksilver – Australian Surfer – TBD
16. Quiksilver – International Surfer – TBD

-ウイメンズ

1. Surf Qld – QCC Open Winner – Sasha Baker
2. Surf Qld – U/18 Winner – Holly Williams
3. WSL – Snapper Rocks BRC x Spot 1 – TBD
4. WSL – Snapper Rocks Surfriders x Spot 2 – TBD
5. WSL – Local Trials Spot 1 (Kirra/Dbah/Snapper Trials) – TBD
6. WSL – Local Trials Spot 1 (Kirra/Dbah/Snapper Trials) – TBD
7. WSL – Australian Pro Jnr Winner – Zahli Kelly
8. WSL – Australian Regional Rankings Winner – Kobie Enright
9. WSL – Highest Aussie from the 2018 QS not in the event – Keely Andrew
10. WSL INTL – Wildcard – TBD
11. WSL INTL – Highest QLDer on QS after Manly – TBD
12. Boost Mobile Allocation – TBD

イベント会場のゴールドコーストはサーフィン激戦区であることから、これまでにも数々の有名サーファーを輩出しています。

メンズでは元ワールドチャンピオンのミック・ファニングやジョエル・パーキンソンに加え、ジョシュ・カーやビード・ダービッジなど。

上記の元CTサーファーがワールドツアーを引退した現在、今回のトライアルから新たなスターサーファーが飛び出してくるのか注目となります。

最後に、メンズはワイルドカードがもう1枠あり、その枠についての言及はありませんが、例年通りであればスポンサー枠としてクイックシルバーライダーが選ばれることでしょう。

若手期待のケール・ウォルシュ、昨年までCTサーファーであったコナー・オレアリーのどちらかになるかと予想しています。

World Surf Movies

参照記事:「2019 Quiksilver and Boost Mobile Pro Trials Event To Shine Light On Local Talent


あわせて読みたい:
サーフィン世界ランキングはどのように決まる?WSL CTのランキング形式や大会ルールを解説

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む