サーフィン世界/国内ランキング[2022]

≪2021年
▼目次
WSL年間ランキング

・CTランキング[男子]
・CTランキング[女子]
・CSランキング[男子]
・CSランキング[女子]
・QSランキング[男子]
・QSランキング[女子]
JPSA年間ランキング
・ショートボード[男子]
・ショートボード[女子]
・ロングボード[男子]
・ロングボード[女子]

2021年からWSLのツアー体制が大きく変更となり、上からCT、CS、QSの3部構成になる。今期もコロナ禍を踏まえてQSがリージョン内でのランキングとなる等特例措置が取られている。
≫2022年QS/CS/CTツアー構成とスケジュール

図: THE SURF NEWS作成

WSL 2022 男子 CTランキング

World Surf Leagueが組織する世界最高峰のプロサーフィンツアーである「チャンピオンシップツアー(CT)」の男子ランキング。2022年シーズンのCTは7カ国10戦。全10戦のうち下位2イベントの差し引いた合計ポイントでランキングが決定する。

2022年からミッドシーズンカットが導入され、前半5戦が終了した時点でメンズは36名から22名に絞られる。この22名は自動的に翌年のCTに残留となる。全10戦終了時点での上位5名が9月の「WSL Finals」に進出する。そこでの勝者が「ワールドチャンピオン」となる。

ミッドシーズンカットを逃した選手は5~12月に行われるCSからリクオリファイを目指す。

順位選手名ポイント
1フィリッペ・トレド●★ブラジル54,690
2イタロ・フェレイラ●★ブラジル40,460
3ジャック・ロビンソン●★オーストラリア51,345
4イーサン・ユーイング●★オーストラリア44,290
5五十嵐カノア●★日本40,270
6ミゲル・プーポ●ブラジル40,185
7グリフィン・コラピント●アメリカ40,120
8カイオ・イベリ●ブラジル34,195
9コナー・オレアリー●オーストラリア33,505
10カラム・ロブソン●オーストラリア33,230
10サミュエル・プーポ●ブラジル33,230
12ジョン・ジョン・フローレンス●ハワイ32,015
13マシュー・マクギリヴレイ●南アフリカ30,450
14ジョーディ・スミス●南アフリカ30,175
15ケリー・スレーター●アメリカ29,375
16バロン・マミヤ●ハワイ26,610
17ナット・ヤング●アメリカ25,335
18ジェイク・マーシャル●アメリカ23,345
19ヤゴ・ドラブラジル22,625
20コロヘ・アンディーノ●アメリカ22,015
21ジャドソン・アンドレ●ブラジル21,335
22セス・モニーツ●ハワイ20,790
23ジャクソン・ベイカー●オーストラリア19,930
24ガブリエル・メディナブラジル17,220
25コナー・コフィンアメリカ8,735
25エゼキエル・ラウハワイ8,735
25ルッカ・メシナスペルー8,735
25オーウェン・ライトオーストラリア8,735
29モーガン・シビリックオーストラリア7,310
29フレデリコ・モライスポルトガル7,310
29レオナルド・フィオラヴァンティイタリア7,310
29デイビッド・シルヴァブラジル7,310
29イマイカラニ・デヴォルトハワイ7,310
29ジョアン・チアンカブラジル7,310
35ライアン・カリナンオーストラリア5,320
36カルロス・ムニョスコスタリカ4,115

更新日:2022/09/09
★WSL Finals出場選手
●ミッドシーズンカットをクリアした選手
≫2022 男子 CTランキングをすべて見る
≫2022 CTスケジュール詳細

WSL 2022 女子 CTランキング

World Surf Leagueが組織する世界最高峰のプロサーフィンツアーである「チャンピオンシップツアー(CT)」の女子ランキング。2022年シーズンのCTは7カ国10戦。全10戦のうち下位2イベントの差し引いた合計ポイントでランキングが決定する。

2022年からミッドシーズンカットが導入され、前半5戦が終了した時点でウィメンズは18名から10名に絞られる。この10名は自動的に翌年のCTに残留となる。全10戦終了時点での上位5名が9月の「WSL Finals」に進出する。そこでの勝者が「ワールドチャンピオン」となる。

ミッドシーズンカットを逃した選手は5~12月に行われるCSからリクオリファイを目指す。

順位選手名ポイント
1ステファニー・ギルモア●★オーストラリア46,370
2カリッサ・ムーア●★ハワイ57,670
3ジョアン・ディファイ●★フランス50,220
4タティアナ・ウェストン・ウェブ●★ブラジル48,695
5ブリサ・ヘネシー●★コスタリカ48,085
6レイキー・ピーターソン●アメリカ43,750
7コートニー・コンローグ●アメリカ42,100
8タイラー・ライト●オーストラリア39,070
9ガブリエラ・ブライアン●ハワイ37,765
10イザベラ・ニコルズ●オーストラリア37,285
11キャロライン・マークスアメリカ27,110
12サリー・フィッツギボンズオーストラリア26,810
13マリア・マニュエルハワイ17,765
14インディア・ロビンソンハワイ14,710
14モリー・ピックラムオーストラリア14,710
16ブロンテ・マコーレオーストラリア14,485
17ルアーナ・シルヴァハワイ12,575
18モアナ・ジョーンズ・ウォンハワイ11,045
19ベティルー・サクラ・ジョンソンハワイ10,785

更新日:2022/09/09
★WSL Finals出場選手
●ミッドシーズンカットをクリアした選手
≫2022 女子 CTランキングをすべて見る
≫2022 CTスケジュール詳細

WSL 2022 男子 CSランキング

2022年5月からスタートする「チャレンジャーシリーズ(CS)」の男子ランキング。全7イベント中上位4イベントの合計ポイントでランキングが決定。上位12名が翌年のCT参加資格を得る。
※フランス戦がキャンセルになり対象イベント数が8戦中の上位5戦→7戦中の上位4戦に変更

順位選手名ポイント
1和井田理央インドネシア21,050
2レオナルド・フィオラバンティイタリア17,665
3イズキール・ラウハワイ14,820
4ライアン・カリナンオーストラリア13,445
5アレホ・ムニーツブラジル10,615
6ラムジ・ブキアムモロッコ10,265
6ディラン・モファットオーストラリア10,265
8カラム・ロブソン●オーストラリア10,000
9イマイ・カラニ・デボルトハワイ9,565
10イーサン・オズボーンアメリカ9,405
11ジョアン・チアンカブラジル9,400
12マテウス・ハーディブラジル9,295
13シェルドン・シンクスオーストラリア9,150
14リアム・オブライエンオーストラリア9,065
15ガディアン・デラヘイフランス8,300
...27脇田泰地日本6,170
...42稲葉玲王日本4,520
...77上山キアヌ久里朱日本1,800
...86大原洋人日本1,150
...95村上舜日本1,000

更新日:2022/08/10
●CT出場選手(ミッドシーズンカットをクリア済の選手)
≫2022 男子 CSランキングをすべて見る
≫2022 CSスケジュール詳細

WSL 2022 女子 CSランキング

2022年5月からスタートする「チャレンジャーシリーズ(CS)」の女子ランキング。全7イベント中上位4イベントの合計ポイントでランキングが決定。上位6名が翌年のCT参加資格を得る。
※フランス戦がキャンセルになり対象イベント数が8戦中の上位5戦→7戦中の上位4戦に変更

順位選手名ポイント
1ケイトリン・シマーズアメリカ25,575
2モリー・ピックラムオーストラリア24,445
3メイシー・キャラハンオーストラリア22,240
4ベティルー・サクラ・ジョンソンハワイ21,530
5ソフィ・マックロックオーストラリア17,390
6ニッキ・ヴァン・ダイクオーストラリア16,565
7ブロンテ・マコーレーオーストラリア16,275
8テレッサ・ボンバロポルトガル15,920
9ルアーナ・シルヴァハワイ11,665
9ゾーイ・マクドゥ―ガルハワイ11,665
11アリッサ・スペンサーアメリカ10,790
12キラ・ピンカートンアメリカ10,240
12ヴァヒネ・フィエロフランス10,240
14ソーヤー・リンドブラッドアメリカ9,240
...16都筑有夢路日本9,045
...20前田マヒナ日本7,620
...25野中美波日本6,320
...29松永莉奈日本5,700
...33脇田紗良日本5,220
...73黒川日菜子日本1,400

更新日:2022/08/10
●CT出場選手(ミッドシーズンカットをクリア済の選手)
≫2022 女子 CSランキングをすべて見る
≫2022 CSスケジュール詳細

WSL 2022 男子 QSランキング〈アジア〉

「クオリファイングシリーズ(QS)」アジアリージョンの男子ランキング。

順位選手名ポイント
1キアン・マルティンスウェーデン3,842
2和井田理央●インドネシア3,042
3オニ―・アンワーインドネシア2,732
4和井田龍貴インドネシア2,375
5バルン・タンジュンインドネシア2,295
6西優司日本2,240
7安室丈日本2,025
8太田拓杜日本1,890
9ブロンソン・メイディインドネシア1,520
9田中大貴日本1,520
11クトゥ・アグース●インドネシア1,440
12金澤呂偉日本1,250
12西慶司郎日本1,250

更新日:2022/06/27
●CS出場選手
≫2022 男子 QSランキングをすべて見る
≫2022年のツアースケジュール

WSL 2022 女子 QSランキング〈アジア〉

「クオリファイングシリーズ(QS)」アジアリージョンの女子ランキング。

順位選手名ポイント
1野中美波●日本5,974
2都築虹帆日本4,657
3松岡亜音日本4,137
4佐藤李日本4,017
5カイラニ・ジョンソン●インドネシア3,722
6松永莉奈●日本3,242
7前田マヒナ●日本2,375
8タイナ・イズキエルドインドネシア2,240
9脇田紗良●日本2,090
10馬庭彩日本1,725
11中塩佳那日本1,600
12ジギー・アロハ・マッケンジーオーストラリア1,520
13須田那月日本1,400

更新日:2022/09/5
●CS出場選手
≫2022 女子 QSランキングをすべて見る
≫2022年のツアースケジュール


■国内プロツアーランキング

JPSA 2022 ショートボード男子

日本プロサーフィン連盟(JPSA)ショートボード部門男子。2022年は全5戦中、上位4戦のポイント合計で年間ランキングを決定。
※同順位の場合は全5戦合計、さらに同順位の場合は最高ポイントで決定。

順位選手名ホームポイント
1西慶司郎海部4,640
2金沢呂偉生見、海部4,280
3安室丈海部、生見3,720
4河谷佐助波のある所3,340
5塚本勇太サンライズ3,000
6太田拓杜仙台新港3,000
7増田来希小倉ヶ浜、金ヶ浜2,940
8古川海夕志田下、東浪見、一宮2,840
9平原颯馬茅ヶ崎2,840
10仲村拓久未国府の浜2,680
11鈴木仁Skw2,680
12西優司海部2,620
13田中大貴福岡、唐津2,620
14伊東李安琉木崎浜2,560

更新日:2022/09/12
≫JPSAショート男子ランキングをすべて見る

JPSA 2022 ショートボード女子

日本プロサーフィン連盟(JPSA)ショートボード部門女子。2022年は全5戦中、上位4戦のポイント合計で年間ランキングを決定。
※同順位の場合は全5戦合計、さらに同順位の場合は最高ポイントで決定。

順位選手名ホームポイント
1中塩佳那志田下、サンライズ6,000
2川合美乃里志田下4,280
3都築虹帆伊良湖3,880
4松岡亜音千倉3,840
5宮坂麻衣子千葉3,560
6川瀬心那国府の浜3,440
7池田未来御前崎3,400
8野呂玲花千葉北3,080
9大村奈央鵠沼3,040
10黒川日菜子海部、生見、内妻3,000

更新日:2022/09/12
≫JPSAショート女子ランキングをすべて見る

JPSA 2022 ロングボード男子

日本プロサーフィン連盟(JPSA)ロングボード部門の男子年間ランキング。

順位選手名ホームポイント
1浜瀬海平塚、生コン6,000
2堀井哲鵠沼、江ノ島東浜4,000
3秋本祥坪加江田3,920
4武川慎生見ビーチ3,760
5森大騎太東 千葉3,560
6井上鷹伊比井3,440
7増山翔太茅ヶ崎3,220
8中山祐樹千葉2,840
8梶原裕太千葉、茨城2,840
10畑雄二生見2,680
11尾頭信弘太東2,620
12小熊海ノ介鵠沼2,560
13上木達也湘南2,560
14菊池里騎茨城、海の子2,560

更新日:2022/09/20
≫JPSAロング男子ランキングをすべて見る

JPSA 2022 ロングボード女子

日本プロサーフィン連盟(JPSA)ロングボード部門の女子年間ランキング。

順位選手名ホームポイント
1吉川広夏御宿5,440
2井上楓伊比井4,520
3井上桜伊比井4,380
4小林恵理子湘南鎌倉3,680
5栗田裕子同笠3,520
6小高恵子片貝漁港3,500
7田岡なつみ太東、東浪見3,440
8吉田未来千葉県旭2,800

更新日:2022/09/20
≫JPSAロング女子ランキングをすべて見る