PHOTO:© WSL/Cestari

ジョン・ジョン・フローレンスが右膝負傷で棄権。五輪出場、9月の来日も危うく、復帰は来季か?

現在ワールドランキング1位のジョン・ジョン・フローレンス(26歳)が、7月9日から南アフリカのJベイで行われるチャンピオンシップツアー(CT)第6戦 を欠場することを、自身のInstagramで 発表した。原因は右膝靭帯の損傷で、復帰は来シーズンになる可能性もある。

2018年、バリで開催されたCT第5戦『Corona Bali Protected』のフリーサーフィン中に右膝を負傷し、第6戦以降は治療に専念するため全て欠場していたジョンジョン。

ようやく復帰した今シーズンは、既に実施された5戦中2戦優勝と好調でワールドランキング1位につけていたが、ブラジルでの第5戦『Oi Rio Pro』のラウンド4で再び同じ右膝を負傷し、準々決勝を棄権していた。

『Oi Rio Pro』でのジョンジョン。ブレイクのタイミングが少し早かったために体だけ勢いよく宙に高々と舞い上がり、後ろに一回転してワイプアウトした際に右膝に痛みを感じたという。

3度目のワールドタイトル、五輪出場、9月の来日も見送りか?

2016年・2017年と2年連続でワールドチャンピオンの座に輝き、今シーズンも年間11戦中5戦終了時点でランキング1位につけていたジョンジョン。今回の怪我により、残り全戦欠場となれば3度目のタイトルは先送りになるのは確実。

また、今シーズンのCT最終ランキングは、2020年東京五輪の出場権がかかっており、男子10位以内かつアメリカで上位2位に入る必要がある。コロヘ・アンディーノ、コナー・コフィン、ケリー・スレーターの最終結果によっては、ジョンジョンが米国代表から外れる可能性もある。

さらに、今年9月に宮崎で開催予定の「ISAワールドサーフィンゲームス」についても、2020年東京五輪出場選考を兼ねた今大会に自動エントリーされているジョンジョンだが、回復状況によってはこちらも欠場の可能性がある。

今年はコンテストも、試合以外のときも、本当に楽しい時間を過ごしていたんだ。だけど残念なことに、ブラジルで前十字靭帯を断裂してしまった。Jベイは欠場予定で、今シーズンの残りのイベントも全て欠場するかもしれない。手術を受けることにしたから、来年は100%で戦えるようにするよ。これから自分が歩んでいく道のり、そのなかでどんなことが学べるのかが楽しみ。みんなサポートありがとう!

SURFER AWARDSの人気サーファー投票では、シーズンの半分欠場していた昨年でも1位を取るなど、世界中にファンの多いジョンジョン。怪我の場合の各種措置なども考えられるため、最終的にどのような展開になるかはまだ分からないが、まずは早期の回復を願う。THE SURF NEWSでも進展があり次第お伝えする。

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む