シティウェーブ東京初のアマチュア大会『CITYWAVE CUP』開催、世界戦シード権確定!

4月13日(土)、昨年夏に東京・品川大井町にオープンしたcitywave Tokyoにて、初めてのアマチュア大会「CITYWAVECUP」が開催された。

予選ラウンドと決勝ラウンドが行われ、1人あたり各2本、制限時間30秒での演技を実施。ジャッジは4名で、スコアは「CITYWAVEオリジナルジャッジクライテリア」に基づいて算出され、2本中どちらか点数の高い1本が持ち点数となり順位が決められた。

決勝ラウンドには20名が進出。北原守一さんが優勝、高橋剣哉さんが準優勝し、7月に行われる『citywave® pro World Tour』東京戦のシード権を獲得した。

表彰式 左から3位山下真生さん、2位高橋剣哉さん、1位北原守一さん

当日は晴天の中、試合が進行。一般客を含め多くのギャラリーが見守る中、 実況解説があったりDJタイムがあったりと、会場は大盛り上がり。まさに都会的なエンターテイメントの場だった。

多くのギャラリーが見守った
優勝者の北原守一さん

citywaveでは今年からプロワールドツアーの開催が決定しており、4月24日からイスラエルで初戦が始まる。7月の東京大会では、今回シード権を獲得した2名のほか、海外・国内の有力選手が参加する予定。

なお、当日の参加者のライディングや会場の様子は、citywaveから一番近いサーフショップ「DEARS SURF」のYoutubeチャンネルで公開中。(オーナー自身も今回4位にランクイン!)是非チェックしてみては。

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け!サンプルを読む