citywaveが2020年に向けプロワールドツアーを開催

昨年8月、東京のスポル品川大井町にオープンし、大きな話題を呼んだ人工サーフィン施設の「citywave Tokyo」。このcitywave®はドイツに本拠地があり、ヨーロッパをはじめ世界中にシティウェーブのプールがある。

この度同社は、Stationary Wave Riding(定常波) の分野において世界初のプロワールドツアーとなる『citywave® pro World Tour』を開催することを発表した。

イベント開催地は、東京をはじめ、イスラエル、ドイツ、オーストリア、スイス、アメリカのシティウェーブ。

各イベントでの賞⾦⾦額は10,000 ユーロ(およそ⽇本円で1,300,000 円)で、Stationary Wave Riding における世界最⾼額のイベントとなる。

参加カテゴリーは、オープン男⼦・オープン⼥⼦・ジュニア・マスターの4分類。合計80名の選手が参戦する。

初戦は4月24日・25日に、イスラエルで開催される。試合の様子は、SNSや専用WEBサイトで、ライブストリーミングとライブスコア配信される予定。

さらに、citywaveは「Race To Tokyo」と題し、サーフィンが初めて五輪種目となる2020年のタイミングにあわせて、東京で招待制イベントが行われる模様。
選手は、4月から始まる各イベントで、賞金のほかにポイントを獲得し、それにより決定するワールドランキング上位者が招待される見込みだ。

citywave pro World Tour公式サイト:
https://citywave.de/citywave-pro-world-tour/

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む