あったら便利な『有料、無料、流用』サーフアクセサリー

シリーズ「おいらはサーファーの味方」No.57

『あーら奥さん、ごぞんじでした~』


今回は、サーフィン愛好家のみんなが、素敵なサーフィンライフを送れる便利グッズを紹介したい。先に断っておくが、これは誘導広告の類ではない。筆者が自費で買い、そして使ってみたら良かった、だから善意の心でみんなに勧めたいというものばかり。(仕事の関係で頂いた製品や、流用したものもある)レポートだから良いところと、いまひとつなところも正直に報告したい。ブランド名はあえて伏すが、興味がある人は調べればすぐ分かるだろう。

『使えるワックスケース』は韓流コチュジャン入りだった。

SEXワックスが、3つピタリと入って超便利、問題は中身のコチュジャンをどうするか…

『使えるワックスケース』ってなかなか見つからない。ワックスケースなんて、なんでもいいじゃんと思うかもしれない。そもそもケースなんて無くてもいい、その気持ちはよくわかる。長年、筆者もケースは使わないでワックスとつきあってきた。包装を破ってボードにゴシゴシ、そしてどこかにポンだったね。だけど、それだとすぐに無くしてしまうことに最近になって気がついた。だからワックスケースって、絶対にあった方がいい。

さて、『使えるワックスケース』の条件は、まずワックスがピタリと入る大きさ、これ重要。何個かスッポリ入って、そして直射日光が入らないこと、ワックスが溶けにくくするためだ。そして車内でも目立つ色。長年探しているけど、なかなか「これ!」というのが見つからなかった。

しかし、とつぜんその出会いがあった。なんと韓国食材の唐辛子ペースト、コチュジャンの容器がワックス入れにぴったりだった。色もイタリアンレッドでなかなか気に入っている。セックスワックスが三つ入っても余裕のスペースがあるからワックスの欠けらも入る。このコチュジャンは、湘南だとOKストアで販売されている。でも、コチュジャンを食べきらないといけないので、それが問題かもしれない。焼肉のタレに混ぜたり、キムチ鍋に入れたりと用途はあるけど、サーフボードには塗らないように…。

一点固定式のサーフキャリア

ショート専用ですが、7’くらいまでなら大丈夫

品質、デザイン、実用性と星三つ

サーフシティに住むと、キャリア付きの自転車は必需品。長く付き合うから、あとで後悔しないためにもよく考えて選んだ方がいい。

自転車用サーフキャリアは、アームを固定する金具が1つか2つかに分かれる。ロングなども運びたいならば、2つで固定するキャリアがいい、1つのタイプはショート専用だ。

キャリアはアームが簡単に取り外せるかも考慮したい。アームを付けっ放しにしておくならば、質実剛健なタイプが良い。サーフィンのとき以外は取り外したいと思う人は、アームが簡単に外せるタイプがいい。というのも潮風などでキャリアは錆びついてしまうからだ。

このキャリアは、筆者にとっては3つ目。その経験を踏まえても、これはそうとう考えて作られてあるなと感じる。アームを固定する金具はダイキャスト製。アームはそこに差し込み回すだけで固定される。ネジもなにも必要としない。アーム本体もサビに強いステンレスで、使わないときの収納も屋内の狭いスペースへ納めることができる。

ただしの金具が1点式だからロングボードには向いていない。ショート専用のサーフキャリアだ。
アームを頻繁に付けたり外したりするというショートボーダーにはオススメだと思う。

良いグラサンとは、疲れないグラサン

blank
ほぼ無印に近い製品、そこが良いと思う

サングラスに求められるものは、ファッションよりも機能が優先と考えるのは筆者だけだろうか?目を保護するために強い光を遮り、長時間使用しても疲れない。サーフトリップで長時間運転するとつくづくそう感じる。ブランドのロゴも無くていい。しかも原材料がペットボトルなどのリサイクル素材とくると、サーファーならば無視できない。

GPS付きリストウォッチ

電池は充電式、専用アプリを開いてサーフィンを自慢できる。タイドチャートはかなり使える。

以前にも紹介したけど、使うようになってすでに2年以上が経った。

GPS以外で便利だなと感じるのは、タイドチャートだ。トリップでどこかにいったときも、ボタン1つでそのエリアのタイドに設定できる。GPSに関して言えば、波に乗った本数だけでなく最高速度や距離、そしてパドルした航跡も記録される。

気になるところはGPSに接続するときに時間が掛かるところ、曇りの日だとその時間がさらに長くなる。また波に乗ってもカウントされないときもある。さらにサーフしたラインは表示されるもののターンやカットバックまでは記録されない。スマホのアプリに接続してクラウド(たぶん)に保存されるが、アプリの動作が不安定なときもある。

この時計は充電式なのでバッテリーを交換する必要がない。劣化によっていずれは交換する時期が来るだろうけど2年以上使った現在もまだ十分に使えている。ちなみに充電は専用のUSBケーブルに繋げれば良いだけだ。このアプリではCTプロたちの記録も閲覧できる。

総じて、波が良かったときの記録が残るのはやはり良いと思う。時間が経ってからその記録を見返すと、忘れているサーフセッションがかなりあって、人の記憶ってあてにならないことがよく分かる。

100円のフィンケース

可もなく不可もないケースだが、フィンを管理するうえで役に立つ、海に着いてからではすでに遅し

フィンを購入するたびについてくるゴージャスなあのケース。でも、便利かというとそうでもない。サーフィンに行くときは、そのケースから出して持っていく。しかしバラで持っていくとフィンを無くしたり、セットを間違えたりとトラブルを起こしやすい。

ということでフィンをまとめて入れられるケースを探していたら、100均ショップでちょうどいいのを見つけた。トライフィン3セットくらいは余裕で収納できる。めちゃくちゃ便利というわけでもないが、悪いところもいまのところ見当たらない。

(李リョウ)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。