PHOTO:© WSL/Cestari

パイプマスターズ消滅の危機逃れる! WSLが2021年までのハワイのスケジュールを発表!

2018年2月にお伝えした1971年から50年近い歴史を誇るハワイの伝統的なサーフィンイベント「パイプマスターズ」が消滅の危機に立たされているというニュース。

事の発端はWSLのスケジュール変更。
それをハワイのホノルル市長、カーク・コールドウェルは承認せず、不透明なままシーズンが終了していた。

しかし、2019年が始まる直前にWSLが今後3年間、2019年から2021年のハワイのスケジュールを公表。
パイプマスターズを従来の12月から1月〜2月に移動してCT開幕戦にする大幅なスケジュール変更は見送りとなり、これまでと変わらずの日程。

2019年、2020年とそれぞれ節目を迎えるトリプルクラウンのイベントを初め、年初のQS1,000『Sunset Open』、QS3,000『Volcom Pipe Pro』も今まで通りのスケジュールで開催される。

「ハワイでのサーフィンは絶対に外せないし、WSLにとって非常に重要なコミュニティでもあります。今回の許可の承認は今後数年間に渡って世界最高のサーファーが神聖なハワイの波に試されることを保証されるだけではなく、未来に向けての大きな一歩と言えます。ハワイでのイベントは地元の若いサーファーに機会を与え得ることや、インフラを提供することにもなります」
WSL・CEO ソフィー・ゴールドシュミット

■1月18日〜28日
『Sunset Open』
サンセットビーチ

■1月29日〜2月10日
『Volcom Pipe Pro』
バンザイパイプライン

■10月28日〜11月10日
『HIC Sunset Pro』
サンセットビーチ

【The Vans Triple Crown of Surfing】

■11月13日〜24日
『Hawaiian Pro』
ハレイワ 

■11月25日〜12月7日
『Vans World Cup』
サンセットビーチ

■12月8日〜20日
『Billabong Pipe Masters』
バンザイパイプライン

 

WSL公式サイト

(空海)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む