PHOTO: © WSL

人工サーフィン施設でのCT第8戦は『サーフランチプロ』から『Freashwater Pro』に名称変更

昨年、ケリー・スレーターが約10年を費やして完成させたウェーブプール「サーフランチ」で初めて開催されたCT、『Surf Ranch Pro』

カリフォルニア内陸部の「LEMOORE」に建設されたこのウェーブプールの設備は波だけではなく、プロスポーツのアリーナとしても整えられ、フォーマットも含めて今までのCTイベントとは全く違う形でイベントが進行。
全てがほぼ同じ波というものもどうなのか?という批判があったのは確かだが、世界トップのサーフィンショーとしては大成功だった。

今年も『Surf Ranch Pro』は9月19日〜21日のスケジュールで組まれていたが、イベントが始まる数ヶ月前に『Freshwater Pro』と名称が変更。

名称変更の理由は、憶測でしかないが、海水ではなく淡水(英語でfreshwater)であるサーフランチで実施することをアピールすることのほかに、ケリーの生まれ故郷フロリダに初の商業施設として建設される予定だった同施設が地下水の処理の問題などで建設中止になったことや、ライバルのウェーブプール「BSRサーフリゾート」でのアメーバ死亡事故が関係しているのかもしれない…。

観戦チケット

『Freshwater Pro』のチケットはすでに公式サイトで販売が開始されており、一般入場は21日のファイナルデイのみで55ドル。
10歳以下の子供は大人1名につき2名まで無料。
499ドルのVIPチケットを購入すれば20日、21日の両日で観戦可能プラス選手と交流可能なVIPデッキのアクセスや、その他多くの特典がある。
更に特別な『SURF RANCH EXPERIENCE』というチケットはVIPにプラスしてサーフランチでのサーフィンが可能になる。
但し、5,499ドルとサーフィンコンテストでは超高額。
もちろん、日本からも購入可能なので、興味がある方はアクセスしてみては?

『Freshwater Pro』公式サイト
https://www.wslfreshwaterpro.com/

コンサート

ザ・ラカンターズ

21日のファイナルデイの夜にはコンサートが行われる。

出演はジャック・ホワイト、ブレンダン・ベンソン、ジャック・ローレンス、パトリック・キーラーによるアメリカのオルタナティブロックバンド、『ザ・ラカンターズ』
デビューアルバムにも収録されている「Steady, As She Goes」は大ヒット、グラミー賞にもノミネートされた。

『ザ・ラカンターズ』は2008年以来、3作目となるアルバム「Help Me Stranger」を今年6月21日にリリース。
UNDERCOVERのデザイナーである高橋盾が率いるUNDERCOVER PRODUCTIONがMVを制作、日本で撮影されたことも話題になった。

コンテストフォーマットとスケジュール

昨年4位に入った五十嵐カノア
PHOTO: © WSL/Rowland

『Freshwater Pro』はウィメンズの第7戦、メンズの第8戦。

ウェーブプールという特性上、特別なフォーマットを使用する。
基本的には昨年同様だが、細かい部分に変更がある。

まず、R1はメンズ36名、ウィメンズ18名がライト2本、レフト2本、合計4本の波に乗り、ライト1本、レフト1本のトータルスコア順にメンズ24名、ウィメンズ18名がラウンドアップ。
R2はライト1本、レフト1本、合計2本の波に乗り、トータルスコア順にメンズ8名、ウィメンズ4名がファイナル進出。

ファイナルはライト2本、レフト2本、合計4本の波に乗り、ライト1本、レフト1本のトータルスコアでランキングが決定。
なお、R2でハイスコアを出した選手は特別に2本の波が加算される。

スケジュールは9月19日がR1。
この日は一般開放がされずライブ中継のみ。
9月20日はR1の残りとR2。
9月21日はR2の残りとファイナル、夜にコンサートが行われる。

『Freshwater Pro』公式サイト
https://www.wslfreshwaterpro.com/

(空海)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。