PHOTO: © WSL

五十嵐カノアがCT初優勝!世界ランキング2位に【サーフィンチャンピオンシップツアー第3戦・バリ】(速報)

バリ島「クラマス」を舞台としたCT第3戦『Corona Bali Protected』
ウェイティングピリオド最終日の5月25日にファイナルデイを迎え、五十嵐カノアが優勝!

カノアはルーキーイヤーの『Billabong Pipe Masters』以来、2度目のファイナル進出。
その時は惜しくも2位に甘んじていたが、今回はSFでケリー・スレーターを倒した勢いを更に加速させてベテランのジェレミー・フローレスを一時コンビネーションスコアに抑える強さ。
流れは完璧にカノアとなり、後半に追い上げてきたジェレミーを振り切ってCT初優勝を決めた。

総合ランキングでも一気に2位に浮上。

ウィメンズはステファニー・ギルモアが優勝、イエロージャージを奪回した。

congrats to Kanoa!

サーフィンチャンピオンシップツアー
第3戦『Corona Bali Protected』

メンズ
1位 五十嵐カノア(JPN)
2位 ジェレミー・フローレス(FRA)
3位 マイケル・ロドリゲス(BRA)、ケリー・スレーター(USA)
5位 ウェイド・カーマイケル(AUS)、コロへ・アンディーノ(USA)、フィリッペ・トレド(BRA)、エイドリアン・バッカン(AUS)

ウィメンズ
1位 ステファニー・ギルモア(AUS)
2位 サリー・フィッツギボンズ(AUS)
3位 ブリッサ・ヘネシー(CRC)、ニッキ・ヴァン・ダイク(AUS)
5位 カリッサ・ムーア(HAW)、シルヴァナ・リマ(BRA)、コートニー・コンローグ(USA)、ブロンテ・マコーレー(AUS)

WSL公式サイト:http://www.worldsurfleague.com/

(THE SURF NEWS編集部)

※5月28日にテレビ朝日「グッド!モーニング」にて、2018年6月に五十嵐カノアが千葉・志田下で行った公開練習を撮影したTHE SURF NEWS提供の動画が放送されました。フルムービーを以下記事にて公開中。

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む