今大会カバーを務める五十嵐カノア Photo: Kenyu

「2018 ISA世界サーフィン選手権」オーストラリアなど各国でCTサーファーの出場が続々決定

8月30日、ISA(国際サーフィン連盟)は、9月15日から22日に愛知県田原市で開催される「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス(ISA世界サーフィン選手権)」への出場が決定した選手を発表した。

日本代表NAMINORI JAPANの派遣選手は、既にNSA(日本サーフィン連盟)から発表されている通り、五十嵐カノア・大原洋人・村上舜・川合美乃里・黒川日菜子・橋本恋の6名だが、今回のISAからの発表により、その他の国の出場選手も分かってきた。

日本代表選手以外で、今回明らかになったのは、オーストラリアのサリー・フィッツギボンズ、ブラジルのイアン・ゴウベイア、ニュージーランドのペイジ・ハレブ。いずれもWSLのCTサーファーだ。

サリー・フィッツギボンズ(左から2番目)は2008年のポルトガル大会で豪チームの金メダル獲得に貢献した
Photo: ISA

今回のISAの発表によれば、今年の出場国および選手数は、昨年のビアリッツ大会の47カ国245名と同程度になる見込み。各国のフルメンバーは9月5日発表される。

ISAは、今大会をオリンピックのプレビューイベントとして位置づけており、東京2020オリンピックで戦うであろう世界のトップアスリート達が今大会に集結することが予想される。

また、今回から出場選手数を男女同数にするなど、男女平等への幕開けの1年としている。

■2018 ISA 世界サーフィン選手権 大会概要

名称: 2018 URBAN RESEARCH ISA World Surfing Games
主催 :International Surfing Association
期間:2018年9月15日(土)~9月22日(土)
開催地:愛知県 田原市 
会場: 赤羽根町 大石海岸 ロングビーチ
出場国:50ヵ国(予定)
大会公式サイト:http://www.wsg-tahara.jp/

▼スケジュール

日程 時間 内容 会場
09/15(土) 10:00 オープニングセレモニー
パレード・オブ・ネイションズ
三河田原駅~田原市役所
09/16(日)
09/17(祝)
09/18(火)
09/19(水)
09/20(木)
8:00~16:00 競技 大会会場
09/21(金) 8:00~16:00 競技 MENSファイナル 大会会場
09/22(土) AM 競技 WOMENファイナル 大会会場
競技終了後 クロージングセレモニー 大会会場

※スケジュールが変更となる可能性があります。
※出場選手数により、9月15日(土)午後から、競技を行う場合があります。

「THE SURF NEWS」は、国際オリンピック委員会(IOC)の国際競技連盟(IF)に所属する国際サーフィン連盟(ISA)のオフィシャルメディアパートナーに認定されています。

(THE SURF NEWS編集部)

▼関連記事

「2018ISA世界サーフィン選手権」の見どころ徹底解説<日本代表とライバル国・開幕式・試合形式・オリンピックなど>
日本代表派遣選手プロフィール「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。