大会会場のロングビーチ

「2018 ISA 世界サーフィン選手権(ワールドサーフィンゲームス)」 伊良湖・ロングビーチに会場決定

2018年9月15日(土)から22日(土)までの8日間にわたり、愛知県田原市で開催される「2018 アーバンリサーチ ISA ワールドサーフィンゲームス」。

本大会は、ISA(国際サーフィン連盟)が主催するサーフィンの世界チャンピオンと国のランキングを決定する世界選手権であり、国内開催は1990年以来28年ぶり。2020年東京オリンピックの日本代表選出においても重要な位置づけとなる。

この度、ISAにて、大会会場を同市赤羽根町大石海岸(通称:伊良湖・ロングビーチ)とすることが正式決定したことを、2018 ISAワールドサーフィンゲームス実行委員会が発表した。

■大会会場について

会場であるロングビーチは、年間を通して県内外から多くのサーファーが訪れる、言わずと知れたサーフィンのメッカ。これまでWSLやJPSAのプロコンテストはもちろん、全日本サーフィン選手権など数多くのビッグイベントを開催する、伊良湖エリアを代表するメジャーサーフポイント。

■大会開催概要

大会名称:2018 アーバンリサーチ ISAワールドサーフィンゲームス
開催期日:2018年9月15日(土)~9月22日(土) 
開催場所:愛知県田原市赤羽根町大石海岸(ロングビーチ)
主催:国際サーフィン連盟
主管:2018 ISAワールドサーフィンゲームス実行委員会(大会長:酒井 厚志・日本サーフィン連盟理事長、大会長代行:山下 政良・田原市長、ほか)
参加国数:約50ヶ国300人以上(予定)

※大会の詳細は、随時以下で更新予定。
Twitter|2018 ISAワールドサーフィンゲームス実行委員会
田原市公式ホームページ

 

関連記事

2018年ISA世界サーフィン選手権(ワールドサーフィンゲームス)の出場枠が変更に

2020年東京オリンピックに向け、ISAが選手委員会を新設立。大野修聖もメンバーに。

ISA(国際サーフィン連盟)は五十嵐カノアの国籍登録変更を承認

2017年ワールドジュニアサーフィンゲームス 日向大会 開会式の様子

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。