Photo: THE SURF NEWS

NIXONが村上舜とグローバル アンバサダー契約を締結

アメリカはカリフォルニア発祥のプレミアムアクセサリーブランドNIXON(ニクソン)は、五輪の暫定出場権を得ている村上舜と、ニクソンウォッチのグローバルアンバサダー契約を締結したことを発表した。

ニクソンのグローバルアンバサダーには、2度の世界王者ジョン・ジョン・フローレンスやその弟のネイザン、ビッグウェーブも得意とするフリーサーファーのネイザン・フレッチャー等が名を連ねる。村上舜はこのTeam NIXONに日本人として唯一加わることになる。

今後このチームの一員となる村上舜

村上舜のグローバルアンバサダー就任の経緯として、ニクソンジャパン担当者は「本国が日本の選手を受け入れたのは初めてなのですが、以前から日本国内でニクソンブランドと村上選手と築き上げてきたパートナーシップと、村上選手のここ数年での目覚ましい活躍が評価されました。今後も、世界レベルでの活躍を応援していきます」と説明。

村上舜は「普段使いからコンテストの時まで長年愛用しているブランドなので、ニクソンのグローバルアンバサダーとして、ニクソンと共に成長していきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします!」とコメントした。

2019 ISAワールドサーフィンゲームス決勝で3名のCT選手相手に健闘した村上舜 Photo: THE SURF NEWS

10代のころから長きにわたり、ニクソンのウォッチを愛用してきた村上舜。日常生活はもちろん試合でも、パフォーマンスの妨げにならないようにより薄く、太陽の光が降り注ぐ海上でも素早く認識できる視認性とスタイルから、ニクソンウォッチを選んできたという。

2021年4月、ニクソンはジョン・ジョン・フローレンスと共同開発したニクソンで最も薄いデジタルウォッチTheHeatをリリース予定。ハワイの大きな波でも耐えうる強度と、太陽の下でも見やすい大きな表示と鮮明ディスプレイを兼ね備えており、村上舜もこのTheHeatを使用していく。

昨年1月より、本国NIXONの子会社として、新たなスタートを切ったニクソンジャパン合同会社。担当者は「今は日本におけるニクソンの変革期でもあります。会社も選手もより“グローバルの一員”として一体感を持って頑張りたい。村上選手の世界へのチャレンジを応援していきたいです」と語った。

2019 ISAWSGで個人4位、団体3位のメダル受賞 Photo: THE SURF NEWS

村上舜プロフィール

名前:村上舜(むらかみ しゅん)
誕生日:1997年3月3日
出身地:神奈川県湯河原町
身長:166cm
公式Instagram @shunmurakami_mobb
公式Twitter @Shunmurakami03

主な戦歴
JPSA
2017年 『ALL JAPAN PRO 新島』優勝
2017年 『ブルーエコシステム presents 仙台プロ』優勝
2018年 『なみある?仙台プロ supported by やまや』優勝
ISA
2018年 『ISA World Surfing Games』4位
2019年 『ISA World Surfing Games』4位
WSL
2019年 『White Buffalo HYUGA PRO』優勝
2020年 『Corona Open China』優勝

NIXON

1998年の創業以来、世界中のクリエイティブで自由な発想を求める人々に選ばれるプレミアムライフスタイルアクセサリーブランドとなった”ニクソン”。共同設立者のChadDiNennaとAndyLaatsはカリフォルニア州エンシニータスでサーファー、スケーターやスノーボーダー、そしてカリフォルニアのストリートカルチャーをライフスタイルとする人向けの時計からスタートし、今では90カ国以上でニクソンの商品が販売され、そのラインナップはバックパック、トラベルバッグ、革製品等、厳選されたアクセサリーを含むまでに成長しました。

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。