イメージ Photo:AmericanWaveMachines

牧之原・静波に人工サーフィン施設が誕生か、2020年完成予定

静岡県牧之原市内で、サーフィン競技用のウェーブプール建設計画が進んでいることを、16日静岡新聞が報じた。

≫牧之原・静波のウェーブプールは2020年秋開業!建設計画と事業運営について正式発表(2019/12/21)
≫牧之原・静波のウェーブプール、地元住民に独自取材(2019/12/19)

報道によれば、建設予定地は静波海水浴場のすぐ近くの1.5ヘクタール程の土地で、2020年中の完成目標。「最新の造波装置で、安定した波を発生させる。波の大きさや頻度を調節でき、天候に左右されずに初心者からプロまでが競技できるのが利点」だという。

現在日本に存在するウェーブプールは、東京・大井町のcitywaveと、神戸レイーズの2つであり、世界の大型ウェーブプールと比べるといずれも小規模と言わざるを得ない。 使用する造波装置は明らかにされていないが、先の報道の通りプロの競技ができるレベルだとすれば、日本初の本格的なウェーブプールが誕生することになる。(木更津のラーフランチ計画は中断されたまま一向に進捗がない。)

事業者は今年3月に登記された「サーフスタジアムジャパン株式会社」。事業目的としては、スポーツ施設の経営のほか、宿泊施設の経営、スポーツ大会の企画運営、スポーツクラブの運営等が挙げられている。

牧之原市では、2016年頃にも「ウェーブプール建設構想」があり、五輪サーフィン会場の誘致を目指していたが頓挫していた。今回、牧之原市はTHE SURF NEWSの取材に対し、民間事業であり現在は正式な許認可前のため詳細は伝えられないとしつつ、計画の存在は認めた。また近く事業者から正式発表がある予定だという。

業界内や一部地元関係者からは、テキサスのBSRリゾートと同じアメリカンウェーブマシン社を採用するという噂もあるが、真相はまだわからない。

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。