全出場選手が決定!「ジャパンオープンオブサーフィン」大野修聖、上山キアヌ久里朱、脇田紗良も。

ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会は、2019年5月6日(月・祝)と7日(火)の2日間にわたり、千葉県一宮町釣ヶ崎海岸(志田下)で開催される『第1回 ジャパンオープンオブサーフィン』の全出場者男女各16名を発表した。

ジャパンオープンは、2020年東京オリンピック日本代表選手の出場権争いにおいて重要な大会。
ジャパンオープンで優勝すると、9月のISAワールドサーフィンゲームスへ“日本代表波乗りジャパン”としての出場が決まり、そこでアジア1位になると、2020年東京オリンピックの出場候補となる。

3月30日から31日にかけて、強化指定選手を対象に千葉鴨川で開催された『2019サーフィン強化合宿』で、男女各12名の成績上位者は既にジャパンオープンの出場資格を得ていた。
怪我などで強化合宿にフル参戦できなかった西優司・脇田紗良などを含め、推薦枠として残っていた男女各4名が決定した。

ジャパンオープン出場者

男子 16名
安室 丈(あづちじょう)/2001年2月20日生
新井 洋人(あらいひろと)/1995年3月24日生
石川 拳大(いしかわけんた)/1994年6月21日生  ※
伊東 李安琉(いとうりある)/2002年8月18日生
稲葉 玲王(いなばれお)/1997年3月24日生
大音 凛太(おおおとりんた)/2000年8月2日生
大野 修聖(おおのまさとし)/1981年2月16日生  ※
大橋 海人(おおはしかいと)/1992年2月16日生
大原 洋人(おおはらひろと)/1996年11月14日生
加藤 嵐(かとうあらし)/1993年7月18日生
上山キアヌ久里朱(かみやまきあぬくりす)/2001年1月6日生 ※
田中 大貴(たなかだいき)/1998年6月14日生
西 優司(にしゆうじ)/2000年6月13日生 ※
堀越 力(ほりこしりき)/1996年9月20日生
村上 舜(むらかみしゅん)/1997年3月3日生
森 友二(もりゆうじ)/2000年4月13日生

女子 16名
庵原 美穂(いはらみほ)/1981年11月20日生
大村 奈央(おおむらなお)/1992年11月27日生
川合 美乃里(かわいみのり)/2000年12月14日生
川瀬 心那(かわせここな)/2004年5月18日生 ※
黒川 日菜子(くろかわひなこ)/1996年6月4日生
鈴木 姫七(すずきひめな)/1998年7月31日生
都筑 有夢路(つづきあむろ)/2001年4月5日生
都築 虹帆(つづきななほ)/2003年5月19日生
中塩 佳那(なかしおかな)/2004年1月29日生
西元・ジュリ・梨乃(にしもとじゅりりの)/2001年6月11日生 ※
野中 美波(のなかみなみ)/2001年8月22日生
橋本 恋(はしもとれん)/1998年6月7日生
前田・マヒナ・穂乃香(まえだまひなほのか)/1998年2月15日生
松岡 亜音(まつおかあのん)/2005年11月19日生 ※
松田 詩野(まつだしの)/2002年8月13日生
脇田 紗良(わきたさら)/2002年10月10日生 ※

(五十音順・敬称略)※推薦枠として追加召集された選手

第1回 ジャパンオープンオブサーフィン開催概要

開催期間: 2019年5月6日(月・祝)~7日(火) =2日間=
大会会場: 千葉県一宮町釣ヶ崎海岸
主催: 一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)
主管: ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会
出場選手: 男子16名・女子16名
大会公式ホームページ: https://japanopenofsurfing.jp

「波乗りジャパン/NAMINORI JAPAN」とは

2016年、NSAホームページ上の一般公募により選ばれた愛称で、世界選手権や世界ジュニア選手権に派遣される日本代表チーム、そのほか限られたNSA強化指定選手が日本を代表して戦う際に使用されます。象徴として用いられるマーク「Rising Wave」は、一定の規則性で変形した円の集合体でデザインされています。円は「日本」、集合体は「チーム」を意味しており、日本全体が一致団結して大きなひとつの波になり勝利を目指すことを表現しています。

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け!サンプルを読む