Photo: THE SURF NEWS

前田マヒナや大原洋人も参加。2019年サーフィン強化合宿1日目

3月30日、千葉県鴨川市の東条海岸(通称マルキポイント)にて、 「2019サーフィン強化合宿」の1日目が行われた。

2020年東京五輪選考において重要なイベントである「ジャパンオープン」の選考会も兼ねた今回の合宿には、「2019年サーフィン強化指定選手」のうち五十嵐カノアを除く男子49名女子25名の全74名が招集された。

今回の合宿のメインとなるヒートは、通常のフォーマットではなく、20分間の4人ヒートを全選手が2ヒートこなす形式で実施。男子が13ヒート、女子7ヒートを2回ずつ行い、各ヒートでのベスト2スコア(1選手あたりベスト4本)の合計点で順位が決まる。

初日は、女子の全戦と男子の1回戦を消化。2日目には、今回の合宿の結果に基づいて、5月のジャパンオープン出場者男女各16名が発表される予定だ。ジャパンオープンで優勝すると、9月のISAワールドサーフィンゲームスへ“日本代表波乗りジャパン”としての出場が決まり、そこでアジア1位になると、2020年東京オリンピックの出場候補となる。

五輪選考においてクリティカルパスとなる今回の合宿には、昨年以上に多くの報道陣が終結。選手たちは自分のサーフィンをアピールすべく試合に挑みながら、大原洋人や今年から登録籍を日本に変更した前田マヒナを始め多くの選手がマスコミからの取材にも対応した。

合宿2日目は、残っている男子のラウンド2のほか、座学などが実施される予定。

昨年に続き、鴨川・マルキにて強化合宿を開催 Photo: THE SURF NEWS
今回もNSA、JPSA、WSLジャパン、3団体が協力して開催。Photo: THE SURF NEWS
 五十嵐カノアを除く全ての強化指定選手を招集。Photo: THE SURF NEWS
第1ヒート、ゼッケン赤で登場した大原洋人 Photo: THE SURF NEWS
テレビ局を含む報道陣の数も昨年に比べ倍以上に Photo: THE SURF NEWS
同じく一般メディアより注目を集めていたのは、新たに強化指定選手入りをした前田マヒナ Photo: THE SURF NEWS

「日本の波でよりよいパフォーマンスが見せられるように今練習してます。」
「ほかの女子選手のサーフィンを見ていると、その選手の成績に関わらず、自分にもまだまだ伸ばせるところがあるんだと気づかされて、いつもやる気がでます。」

「日本の女子の中で一番になって、オリンピックではゴールドメダルを取りたい。」
前田マヒナ

Photo: THE SURF NEWS
合宿2日目となる明日、強化部の推薦枠を含め、5月のジャパンオープン参加選手が発表される。Photo: THE SURF NEWS
Film by Kenji Iida

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む