Photo: WSL / KELLY CESTARI

Stab誌が調査:世界トップ50人が選んだ2018年一番のサーファー

2018年が幕を閉じようとしたところで、豪サーフ誌Stabが「2018年で最も輝いたサーファーを決める」という新たな企画をスタートさせた。その名も『Stab Surfers of The Year』。

読者投票が元になっている米SURFER誌のSurfer Pollとは違い、Stabはトッププロサーファーを含むサーフィン界の有識者50人に意見を求めた。

50人には、ケリー・スレーターやジョン・ジョン・フローレンス、ガブリエル・メディナ、ステファニー・ギルモアといったトップ選手から、WSLコメンテーターのストライダー・ヴァシレフスキまで様々。

ランキングの決定方法は以下の通り:

それぞれの投票者(有識者)が最も感動した男子サーファー5名を挙げ、1位に5点、2位に4点、3位に3点、4位に2点、5位に1点与えられる。
女子サーファーに関しては1名のみ選び、そのサーファーに1点与えられる。

Stabは、10回に分けて各回有識者5名の投票結果をコメント付きで発表し、いよいよ本日1月10日に最終結果が発表された。
2018年、サーフィン界の有識者を最も感動させたサーファーは誰だろうか?


#1:イタロ・フェレイラ(74点)

Photo: WSL / ED SLOANE

「自分はまずチャンピオンシップ・ツアーのサーファーに目が行く。大会とビデオを比べることはできない。フリーサーファーもすごいことをやるけど、年に1本の短い動画を出すのはそんなに難しいことではない。イタロなら一か月もあれば、それよりもすごい映像を残せるんだ。今年一番のハイパフォーマンス・サーフィンをしたのはイタロだと僕は思う。彼が一番攻めてる。」(ジョーディ・スミス)

「イタロのサーフィンは予測できない。何を出してくるか検討がつかないけど、でかい技であることだけは間違いない。そしてかっこいい。常に。」(ストライダー・ヴァシレフスキ)

「今年ツアーで見たように、イタロのサーフィンは限度がない。大会でも、フリーでもそうだ。」(ステファニー・ギルモア)

#2:ガブリエル・メディナ(72点)

Photo: WSL / ED SLOANE

「メディナはコンペにおいてはみんなを刺激する存在だ。どのヒートも安定して結果を出す。自分のライバルでもあり、大会中は自分をインスパイアする人物でもある。パイプで成し遂げたことはすごかったよ。」(ジョン・ジョン・フローレンス)

「ガブが調子をつかむとほぼ無敵だ。ジーズン後半は2回しか負けてないんだよ。すごくない?!しかも、いろんな波で優れる:チョープー、人工波、ヨーロッパのビーチ、そしてパイプ。意を決して、自分の力でワールド・タイトルを手に入れたんだ。(欧米の)メディアではあまり評判がよくないけど、実際は楽しくて、誠実な人だよ。」(エイドリアン・バッカン)

#3:フィリッペ・トレド(71点)

Photo: WSL / ED SLOANE

「コンスタントに結果を出す。自分はそれが好き。ジョンジョンやノア・ディーンなどは調子がいい時あるけど、フィリッペはどんどんどでかい技を決めちゃうからね。」(ジョーディ・スミス)

「フィリッペはシーズン序盤すごく調子が良くて、僕は大きな刺激を受けた。Jベイでも絶好調だったし、ブラジルでもでかいエアをかました。彼が大会中にやるサーフィンを見て、自分も見習いたいと思った。躊躇せず、いつも全速力なところがすごいと思う。」(ジョン・ジョン・フローレンス)

 #4タイ:チッパ・ウィルソン(54点)

「絶対チッパ。今年彼が出した動画を見れば、小波も大きい波も人工波も、ボディーボードでも、ツインフィンでも、彼は地球上で最も先を行っているサーファーだと思う。自分はスケート出身なので、スケートの技を海でやるのはどれだけ難しいかよくわかっている。しかし、チッパはそれとなくこなしてしまう。他をはるかに超えていると思う。」(クリス・コテー)

#4タイ:ノア・ディーン(54点)

 「ノアが取るラインはかっこいい。ゆっくり行ってるように見えるけど、実は違う。オールド・スクールな面もあるけど、最先端のサーフィンをするやつだ。」(ストライダー・ヴァシレフスキ)

#6タイ:ネイザン・フローレンス(48点)
#6タイ:ジュリアン・ウィルソン(48点)

#8:グリフィン・コラピント(43点)

#9:セス・モニーツ(25点)

#10:カイ・レニー(23点)

11位以下はStabのホームページ参照。

女子
#1
:ステファニー・ギルモア(19点)

Photo: WSL / ED SLOANE

「ステフを選んだ理由はスタイル、優美さ、そしてその心持ち。すごくいい子で、それだけサーフィンがうまいのに、真面目過ぎず、いつもリラックスしている。素晴らしい人間で、技術面でも世界一だ。」(ジェレミー・フローレス)

「彼女は無敵だ。なぜSurfer Pollで選ばれなかったかが全く理解できない。」(ネイザン・フローレンス)

#2:カリッサ・ムーア(8点)

#3タイ:キャロライン・マークス(5点)
#3タイ:ベサニー・ハミルトン(5点)

#5:カーラ・ケネリー(4点)

6位以下はStabのホームページで。


最後に、Stab編集部によると、調査した人の中で一番真剣に考え、悩みに悩んで何回も解答を変えて「正しい」答えを出すのにノイローゼになりそうだったのがケリー・スレーター。

そんなケリーが出した答えを以下にまとめた。

#1:ジョンジョン・フローレンス
シーズンが不調に始まり、途中で怪我をしたけど、そのおかげでゆっくり充電でき、来年に向けて調子を整えられたと思う。ジョンは既に偉大な人物に確定だ。何事にも興味を持っているので、サーフィンは常にフレッシュ。

#2:ガブリエル・メディナ
彼のスキルは間違いない。勝負を掛けたらほぼ確実に勝つ。1年間大会を休んでフリーサーフィンの映像を集めたら、とんでもないことになるだろうな。

#3:フィリッペ・トレド
今まで一番エキサイティングなコンペサーファーかな?半端ない。ひざと足首にバネが入ってるみたい。スピードに正確さ、タイミングも完璧。やる気もあって、どんどん新しい情報を吸収する。

#4:チッパ・ウィルソン
スケートとサーフを融合させたフリークだ。彼にできないことはあるのだろうか?読者に挑戦状を呼びかけて、一つ一つチャレンジしてみてはどうだ?

#5:カイ・レニー
全てのジャンルを網羅したウォーター・マンとしては過去最高なのでは?おまけにすごくナイス・ガイ。ひょっとしたらナイス過ぎるかも!

女性 #1:ステファニー・ギルモア
神からサーフィンへの贈り物だ。場合によっては他の女子サーファーの方が上だったりするけど、彼女のようにまんべんなくなんでもこなせる人は他にはいない。おまけにギターも半端ない。

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む