PHOTO: © Roxy

ステファニー・ギルモアがフィッシュで優雅なライディング

ツアーで最もスタイルがあり、最近では日本のアニメーター、平岡政展によってROXYのプロモーションアニメのモデルにもなったステファニー・ギルモア。

ツアー中も『Surf Ranch Pro』などでバレルに入りながらノーズに足を延ばすなど他の選手とは違うアプローチでサーフィンを楽しむ姿が見られるが、それは普段からトライフィンのショートボード以外を乗っているからだろう。

ロングボードの2xワールドチャンピオンでGoPro使いでも知られているハーレー・イングルビーによって制作され、自身のInstagramで公開した二つの動画が紛れもなくそれを証明。

「Don’t let them get in the way of keepin’ that hair dry」と題されたその動画にはステファニーがカリフォルニアを代表するライトのポイントブレイク、マリブで短いフィッシュ(deadkooks)を操る姿がたっぷりと映されている。

ハイラインでスピードを出し、美しいカットバックやノーズライドと楽しそうに波と戯れるステファニー。
まさにフィッシュのお手本とも言えるサーフィンを披露してるこのポストにテイラー・ノックス、大原洋人などがコメントを残している。

日本でもフィッシュに乗っているサーファーが多いが、ぜひこの動画を見てインスピレーションを得て欲しい。

View this post on Instagram

It’s v important to keep your hair dry when you surf. Part 1.

Stephanie Gilmoreさん(@stephaniegilmore)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

Part 2. Don’t let them get in the way of keepin’ that hair dry.

Stephanie Gilmoreさん(@stephaniegilmore)がシェアした投稿 –

(黒本人志)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む