Photo: THE SURF NEWS

新生Channel Islands、MFソフトボードKuma Fishが登場『インタースタイル2021』

2月16日から18日までの3日間、パシフィコ横浜でボードカルチャー&アウトドア展示会『インタースタイル2021』のリアル展が開催中。

毎年2月の恒例行事であるインタースタイルだが、コロナ禍での開催に際し、入場時の検温等の各種感染対策が実施されているほか、今回はじめての取り組みとして2月1日から1ヶ月間にわたりオンライン商談会も併催中だ。

リアル展の出店規模はかなり縮小され、サーフゾーンのブース数は例年の半数以下。人出もまばらな印象だったが、各社の話を聞いてみるとコロナ禍におけるサーフィン人気の影響もあり、実際の営業状況は好調なところが多い様子だった。初日の会場の様子をフォトレポートで紹介。

通路等のスペースも大きく確保され、例年のような混雑した様子はない Photo: THE SURF NEWS
QRコード付招待状による受付で入口付近の混雑を緩和 Photo: THE SURF NEWS
入口では検温器や消毒用アルコールが設置された Photo: THE SURF NEWS

入口付近に大きなブースを構えるのは、今年1月に株式会社マニューバーラインがCI Surfboards LLCと日本正規代理店契約を締結し、新たなスタートを切ったばかりの「チャネルアイランズサーフボード」。

バートンジャパン傘下のチャネルアイランズサーフボードジャパンから引き継ぎ、当面はこれまでのディーラーを中心に取引を行うものの、これまで以上に営業体制を拡充し、国内での更なる展開を目指すという。

50年以上の歴史あるチャンネルアイランズ。現在はメリック家親子3世代の視点を取り入れ様々なサーフボードを提供 Photo: THE SURF NEWS

2021年ニューモデルのひとつ「Twin Pin」は、マイケル・フェブラリーとブリット・メリックが試行錯誤し、デーン・グダスカスがチューンを加えて完成。
テールエンドのVボトムが特徴で、従来モデルよりも回転性能がアップ。

ブース内では、シングルフィンで生まれ変わったCImid、パフォーマンスボードとして人気の「Neckbeard 3」なども展示。

グリーン、グレー、ブラウンの3色で展開する「Twin Pin」。アップチャージでカスタムオーダーも可能 Photo: THE SURF NEWS

昨年に続き設置されたSurf Shape Roomでは、吉川拓哉氏、高橋健次氏、ドジ井坂氏、ベン・ウェイ氏がライブシェイプ。

自身のタッピーレコードのほか国内外のボードブランドの制作も数多く手掛ける吉川TAPPY拓哉氏 Photo: THE SURF NEWS
WSLのMCで知られるベン・ウェイ氏。今回はスケートとスノーの板を出展し、サーフスノーボードのライブシェイプも披露。 Photo: THE SURF NEWS

3度のサーフィンワールドチャンピオン、ミック・ファニングのソフトボードブランド「MFソフトボード」。2018年のリリース以来、数あるソフトボードのなかでもその優れたパフォーマンス性がに定評がある。

コロナ禍で世界中でサーフィン禁止等が相次いだ昨年5月。WSLが行った#STAYLOCALキャンペーンの一環として、同ブランドは「Global Shaper Challenge」を実施。世界の並み居る強敵抑えて優勝した日本人シェイパーの熊谷充功氏のフィッシュボード「Kuma Fish」が2021年コレクションとして登場した。

Photo: THE SURF NEWS

フィリッペ・トレドなどがライダーを務め、サーフィントレーニング用に開発されたスケートブランド「smoothstar」のブースには村田嵐、野中美波らプロサーファーのコーチとしても知られるロス・バトソン氏が登場。今後はこのスケートボードを使用する専門のコーチ育成なども手掛けていくという。

ロス・バトソン氏 Photo: THE SURF NEWS

今年からマニューバーラインで取り扱いを開始した「DAKINE」のウェット。全て吊るしのブラックカラーのみで、スプリングなら2.5万円前後とお手頃な価格帯だ。

Photo: THE SURF NEWS

湘南発の自転車ブランド「BUGGS BIKE」はスタイリッシュでありながら乗り心地や楽しさを追求。こだわりのビーチクルーザーから電動アシスト付きのファットバイクまで、ただの“移動手段”を“楽しい遊び”にランクアップさせる自転車が揃っている。

世界に誇るSHIMANOのギアを採用していながら、手にしやすい価格帯なのも魅力 Photo: THE SURF NEWS

世界中でシャークアタックの事故が多く報じられたこの1年。株式会社ワンワールドのブースには、シャークアタック防止グッズ「SHARK BANDZ」の最新モデル「SHARK BANDZ2」がお目見えした。

前モデルよりかなり小ぶりの腕時計サイズになり使いやすくなった Photo: THE SURF NEWS

高校生と化粧品会社が共同開発したクラゲ除けクリーム「ジェリーズガード」。クラゲクリームは流れ出ることで効果を発揮する一方で、日焼け止めは出来るだけ流れないようにすることが重要。その両立が難しく従来製品に日焼け止め効果はなかったが、遂に日焼け止めタイプが登場し、2021年4月発売予定だ。

SPF50、PA++++とUVカット効果は国内最高値。ハワイ州で規制される紫外線吸収剤も不使用。 Photo: THE SURF NEWS
SUPやカヤックなども軽々と車載できるファクトリーゼロの「オーバースライダー」 Photo: THE SURF NEWS
コロナ禍でのアウトドアブームを反映して、会場にはキャンプ系のブースが多数 Photo: THE SURF NEWS

インタースタイルのリアル展は18日(木)まで。オンラインでのみ出展しているブランドもあるため、オンライン展と併せてチェックしてみては。

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。