Photo: THE SURF NEWS

マーティン・ポッター来場、FCS最新フィンお披露目『インタースタイル2020』フォトリポート

2月18日から20日までの3日間、パシフィコ横浜でボードカルチャー&ファッション展示会『インタースタイル2020』が開催された。

この時期恒例となっているイベントであり、横乗り系業界の最新トレンドが集まるこのインタースタイル。今回はペットゾーンが新たに加わり、全ゾーンあわせて約294社785ブランドが出展した。

今シーズン注目の新作ギアやアイテム、会場の様子など、本イベントのほんの一部をフォトレポートで紹介。

Photo: THE SURF NEWS

FCSが満を持して発表した最新フィン「H4」が世界初のお披露目。 3Xワールドチャンピオン「ミック・ファニング」と共同開発したこの最新モデルの詳細は追ってご紹介予定。

Photo: THE SURF NEWS

普段、一般ユーザーにはあまり目に触れることのない “ブランクス” も様々な製品が出展。
「ARCTIC FOAM」は2011年にカリフォルニアで誕生してから瞬く間に世界に広まり、イタロ・フェレイラ、ジョーディ・スミス、ジョン・ジョン・フローレンスなどそうそうたる面々のボードに使用されている。

Photo: THE SURF NEWS

大人サーファー御用達のリーディンググラス「DONTPANIC(ドントパニック)」のブースには、1989年のワールドチャンピオンでありオフィシャルイメージキャラクターを務める 「マーティン・ポッター」が登場。
来場者との記念撮影やサイン入りTシャツのプレゼント企画も実施。

Photo: THE SURF NEWS

今年の目玉イベントの一つである『SURF SHAPE ROOM dedicated to KO3』。出展ブランクスメーカーによるシェイピングショーでは、Y.Uサーフボードの植田義則氏、Deus ex Machina初の日本人シェイパー 吉川拓哉氏、CORE FOAM JAPAN蛸操氏、海外からRICH PAVEL SHAPING SHOW、そしてJUNJI SONODA氏が、スケルトンルームでシェイピングを披露した。

Photo: THE SURF NEWS

2018年の登場以来コンスタントな人気を誇る「MICK FANNINGソフトボード」からは、小波でのスピード感を重視した新モデル「CATFISH」が登場。新たにSOYカラーも登場した。

Photo: THE SURF NEWS

水に浮いてしまうほど軽量化されたフィーチャーフィンの最新モデル。従来製品の70%ほどの軽さとなるハイパフォーマンス仕様。Made in USA

Photo: THE SURF NEWS

広域で撮影した高画質映像より、ライディング中のサーファーをAIが自動認識。各ライダーの映像をリアルタイムで切り出し、見逃しのないハイライト映像の生成も可能な8Kスポーツセンシング。

Photo: THE SURF NEWS

「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020 第7回LIFE×DESIGN」にてベストコンセプト賞を受賞した、デッキキャリー「wheel of life」。
実際のスケートボードで使用しているウィール、デッキ、トラックを使用されており、機能面はもちろん遊び心もあるキャリーバッグ。

Photo: THE SURF NEWS

海まで30秒、種子島の宿泊施設「ZEUS HOUSE(ゼウスハウス)」のプロモーションを担当する、種子島育ちの山口輝行プロ。
現在、ナイトサーフィンを交えたプランなどを準備中。

6‘6”と7‘2”の2サイズ展開 Photo: THE SURF NEWS

女性に人気のサーフアーティストColleen WilcoxとRIKKA FEMMEがコラボしたサーフボードがムラサキスポーツから登場。ウッディーなトップと、ボトムの大胆な花柄が印象的だ。

Photo: THE SURF NEWS

ウォータープルーフバッグ「ALL IN」のTHE CLEAN KITに付属する、20Lの簡易シャワー。高い場所に吊るすなどで使用できトリップ先でも便利。

Photo: THE SURF NEWS

大人気のVERTRAからは日焼け止め効果のあるリップスティックが登場。SPF30で、香りはハイビスカスとパインの2種類。

Photo: THE SURF NEWS

究極のローカルコンテスト「Da Hui Backdoor Shootout(ダフイ・バックドア・シュートアウト)」の橋渡し役であり、次世代に海の楽しさを伝える「海の学校」の校長を務めるなど、幅広く活動するハワイ在住の堀口真平プロ。
自らディレクターを務めるURBAN ISLAND SOCIETYのプロモーションで来日。

Photo: THE SURF NEWS

日本でも徐々に注目を集めているCBD。「MEDTERRA」のブースでは、オイルだけでなく筋肉痛などに効くクリームも紹介されている。

オリンピック関連ブース

オリンピックイヤーである今年は、五輪ライセンシー各社がブースを出展していた。スケートとサーフィンのライセンス取得をした国内通商は、五輪ロゴやミライトワをあしらったソフトボードをはじめ、ワックスや記念タオルなどを制作。4月頃から順次展開され、五輪大会会場や公式ストアでも販売予定。

国内通商のブース ワックスは5種類、リーシュ(6ft)、タオル、缶ホルダー、記念フィン、メモリアルプレート等がラインナップ Photo: THE SURF NEWS
ビーチパラソルはホワイトとネイビーの2色展開。五輪会場ではこのパラソルが立ち並ぶ光景が見れるかも?(各3,800円税別) Photo: THE SURF NEWS
波乗りジャパンもブースを出展 Photo: THE SURF NEWS
東京2020ライセンシング事務局のブースにはほぼ全競技のアパレルカテゴリライセンスを取得している株式会社ヤギのTシャツが並ぶ Photo: THE SURF NEWS

他ゾーンの拡大や新型コロナウイルスによる流通への影響などにより、例年よりサーフゾーンの出展規模は少なかったものの、シェイプデモなどの新たなイベントや、五輪関連ブースなど今年ならではのものもあった今年のインタースタイル。今回展示されていた製品は来春夏リリースのものがメインとなるが、既に販売されている商品もあるので、気になる製品をチェックしてみては。

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。