左から田中英義・川合美乃里・高橋健人 PHOTO: THE SURF NEWS

【6/5世界環境デー】川合美乃里らが釣ヶ崎海岸で五輪ビーチクリーンイベントに参加

世界環境デーである6月5日(水)、2020年東京五輪サーフィン競技会場である千葉県一宮町・釣ヶ崎海岸(通称:志田下ポイント)にて、東京2020 組織委員会によるビーチクリーンイベント『東京2020スポGOMI大会』が開催され、プロサーファーの川合美乃里、田中英義、高橋健人が参加した。

PHOTO: THE SURF NEWS

スポGOMI大会とは、ビーチクリーンを“スポーツ”として捉えたイベントで、「スポーツの力で街をキレイに!」がテーマ。

最大5人1 組のチームで制限時間1時間以内に定められたエリアでゴミを拾い、その質と量でポイントを競い合った。合計45.223kgのゴミが回収された。

■ルール
マイクロプラスチック 100g → 150pt
タバコの吸殻 100g → 100pt
ペットボトル 100g → 50pt
ビン・缶 100g → 50pt
その他のゴミ100g → 20pt

回収したゴミを分別して計測
PHOTO: THE SURF NEWS
PHOTO: THE SURF NEWS
馬淵一宮町長も参加
PHOTO: THE SURF NEWS

このイベントには、一宮町が広報誌で呼びかけて集まった50名弱の地元住民のほか、組織委のパートナー企業、千葉県内で実施するフェンシングやテコンドーといった五輪競技の委員会職員たちも参加。

近年、海洋汚染の原因として世界的に問題視されているマイクロプラスチックを含むプラスチックごみを拾い、東京2020大会は、スポーツだけではなく環境にも配慮した大会であること発信していくことが目的だという。

3回目の開催となり、初めて国連広報センターも協力。釣ヶ崎海岸のほか、セーリングの競技会場となる江の島でも同時開催された。

スタートの発声役も務めた田中英義
PHOTO: THE SURF NEWS
チームアスリートは大物を捕まえ優勝確実かと思いきや…
PHOTO: THE SURF NEWS
“2020GD5”チームが2.471kg(1601.5pt)を回収して優勝
PHOTO: THE SURF NEWS
組織委員会職員による“2020サーフィン”チームは2.628kg(1552pt)で準優勝
PHOTO: THE SURF NEWS
チームアスリートは重量ではダントツの4.55kg回収したものの1410ptで3位。お疲れ様でした!
PHOTO: THE SURF NEWS

先月、五十嵐カノアが初優勝し、一般メディアでも広く報道されたサーフィンチャンピオンシップツアー第3戦の『Corona Bali Protected』。昨年、この大会名が“Pro”から“Protected”に変更されたが、この背景にはバリに漂着する大量のマイクロプラスチックの問題がある。

海をフィールドとするサーファーにとって切っても切り離せない海洋ごみや、マイクロプラスチックの問題。ビーチクリーンイベントに参加したことのあるサーファーも多くいるはずだが、スポーツとしてゲーム感覚で取り組むのは新しいアイディアともいえる。

今日、6/5は世界環境デー。サーファーならさらに一歩踏み込んで、普段の生活の中で出るゴミを減らす方法など考えるきっかけにしてみては?

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。