PHOTO:© WSL

ケリー・スレーターが豪ゴルフの王者に影響を与える!?

自身のInstagramを見ても分かる通り、ケリー・スレーターがサーフィンの次に情熱を注いでいるスポーツはゴルフである。
2018年は米ゴルフダイジェストの名誉ある賞を獲得したことがWSLでもニュースになっていた。

F1チャンピオンのルイス・ハミルトンとも親交があるケリーはゴルフ界の著名人とも仲が良く、サーフィンに興味があるとなれば自身のウェイブプール「サーフランチ」に招待してケリー流の接待を行う。

今回の客人はオーストラリア出身のプロゴルファー、アダム・スコット。
2006年のアメリカPGAツアー、最終戦で初優勝をして世界ランキング3位。
2013年にはマスターズで初のメジャータイトルを獲得。
38歳の現在でも現役を続けている。
ケリーとは古くからの友人だ。

アダム・スコット
PHOTO:© WSL/Todd Glaser

ケリーとアダムは2月にカリフォルニアで開催されたPGAツアー公認のプロアマゴルフ大会、『Pebble Beach Pro AM』で最初の3日間同じグループでコースを回った。
ファイナルラウンド進出を逃したアダムだったが、10歳年上でワールドツアーでの最年少記録(20歳)と最年長記録(39歳)を保持しているケリーから教訓を学んだと話している。
(ケリーは2月11日で47歳)

「記録が彼自身を物語っている。全てのスポーツの中で誰も成し遂げていない素晴らしい記録を持っているんだ。世の中には驚異的なアスリートがいるよね。ケリーと私達のスポーツのタイガー・ウッズを比較した時期もあるよ。彼らの競争力は年齢制限を超えている」
アダム・スコット

サーフランチでチューブライドを楽しむアダム・スコット
PHOTO:© WSL/Todd Glaser

アダムのキャリアのハイライトである2013年のマスターズでの優勝。
その後、長いスランプの時期があったが、マスターズで2度目の優勝を目指している。
そんなアダムに対してケリーは多くのリスクを負うように促したと言う。

「忘れてはいけない。苦しい時でも楽しんでやるべきなんだ。ゴルフをプレーする時も、トーナメントで戦う時もね。ケリーや自分のレベルでさえ安全にプレイすることを考えてはいけない」
アダム・スコット

ゴルフでシングルハンディレベルのケリーはPGAツアーのイベントで13回の優勝経験があるアダムとのプレイを楽しんだようだ。

「プロと対戦するのは素晴らしい機会さ。私達は長年アダムを尊敬してきた。そんな彼と一緒にコースを回れるなんて、本当に特別だったよ。アダムは最も美しいスイングをする。彼のショットは理にかなっているのさ」
ケリー・スレーター

参考記事
http://www.worldsurfleague.com/posts/372504/kelly-slater-inspires-an-australian-golf-champion

View this post on Instagram

Surf’s Up! 🤙

Adam Scottさん(@adamscottofficial)がシェアした投稿 –

(黒本人志)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む