F1チャンピオンのルイス・ハミルトンがサーフランチにトライ!

サーフィン界だけではなく、様々な分野のセレブと交流があるケリー・スレーター。

そのセレブ達を自身のホームであるカリフォルニア内陸部レモーにあるウェイブプール「サーフランチ」に招待するケリー流の接待。

過去にトニーホーク、ショーン・ホワイトというスケートボード界とスノーボード界のレジェンド、CDセールス最速記録のギネス記録も持つアメリカのロック・バンド「パール・ジャム」のボーカル、エディ・ヴェダーを招いた夢の競演は特に話題になっていた。

そして、2019年最初に公開されたケリー流の接待は、F1チャンピオンのルイス・ハミルトン。

モータースポーツに詳しい方なら説明は不要だろう。
2008年にF1史上最年少ワールドチャンピオン記録を更新。
2014年、2015年、2017年、2018年と通算5度のワールドタイトルを獲得してミハエル・シューマッハが持つ7度の最多記録を破る可能性も十分にあるF1界の現役キングが「サーフランチ」にトライ。

「サーフランチ」の冬は寒く、ヘッドキャップにブーツ、グローブ着用のフル装備。
恐らく、サーフィンは初心者のルイスだが、並外れた運動神経とケリーのコーチによってバレルにも入ってしまう。
サーフィン後は温かいお湯が張られたジャグジーでカイ・レニー、ダスティ・ペインなどと談笑。

なんとも豪華なサーフミーティングになった。

2019年のF1シーズンは3月のオーストラリアGPからスタートする。

View this post on Instagram

Riding the waves in the surf ranch 🌊🏄🏽🤙🏾 Thank you bro @kellyslater 🙏🏾

Lewis Hamiltonさん(@lewishamilton)がシェアした投稿 –

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け!サンプルを読む