【TSNオリジナル】『2018 Corona Open J-Bay』現地フォトレポート-南アフリカ・Jベイ

南アフリカ・ジェフリーズベイ(Jベイ)で開催された2018年のCT第6戦『Corona Open J-Bay』

ウェイティングピリオド初日から、ストレートで4日目となる現時時間7月5日にファイナル。昨年に引き続きブラジルのフィリッペ・トレドが2年連続優勝を決めた。

開始直前にはパーコことジョエル・パーキンソンが引退表明、五十嵐カノアが9.67ptのシングルハイエストスコアを決めてベスト4入り、連日サメが出現など、話題も多かった今回。

THE SURF NEWS取材班による現地の様子をフォトレポートでお届け。


Jベイへの玄関口、ポートエリザベス空港

地球の裏側、南アフリカのポートエリザベス空港に到着。

ローカル空港だから荷物ターンテーブルも2つしかない。

試合会場のジェフリーズベイ、通称Jベイ

最長約800mも続くと言われているJベイの波は、1960年代初期にロングボーダーたちによって発見された。正式名称はJefferey’s Bay(ジェフリーズベイ)。今大会のメインスポンサーは、去年から2年連続Coronaが務めている。

ビーチにはこのトレイルを使って下ってくる

会場には報道陣専用のメディアハウスが用意されている。

ノンストップでフィニッシュした『Corona Open J-Bay』

予想外に波が来て、ドタバタと撮影スタートしたウェイティングピリオド初日。その後も比較的よいコンディションが続き、ストレートで4日目がファイナルデーとなった。

撮影スタンバイ。撮影班の服装は厚手のダウンとシープスキン。手袋も欲しいくらい・・・

初日は強烈なオフショアだった。

ガブにリーシュをせがむ地元のキッズ達。他の選手にもせがんでいた(笑)

Jベイ戦開幕直前に、今シーズン限りでの引退を表明していたパーコことジョエル・パーキンソンは、惜しくもラウンド4で敗退。ラウンド4であたったジョーディはパーコをリスペクトしていて、パーコもジョーディに色々とアドバイスをしているらしい。

ラウンド4直後のジョーディ&パーコ。

この大会でエンジンが掛かったかのように、巧みな波選びとライディングをみせ、セミファイナルまで進んだ五十嵐カノア。ラウンド4で叩き出した9.67ptは、この大会のハイエストシングルスコアになった。

ハイエストスコアを出した直後のカノア。

ファイナルでは、ルーキーのウェイドをブラジルのフィリッペが制し、フィリッペはジュリアンからイエロージャージを奪った。

誰もが納得の圧勝。

ファイナル前のウェイド・カーマイケル。

ちょっと危ないヒートが続きつつも、3日目まで順当に勝ち上がっていたジュリアンはQFで敗退。

サメの出現が絶えないJベイ

もともと周囲にサメが多く生息しているJベイ。今大会期間中も連日サメが出現し、度々試合が中断された。

常に会場上空を旋回している無人ドローン。

クオーターでもサメが発見され、試合一時中断。

サメに噛まれた際応急措置ができるよう、ビーチには止血用の包帯などが入った救急箱が設置されている。

日本時間7月6日から、ウィメンズCT初となるJベイ戦が開始。THE SURF NEWSでも、引き続き現地レポートをお届けします。

3日目の朝

(THE SURF NEWS編集部)

▼セバスチャン・ズィーツのJベイフリーサーフィン

▼Corona Open J-bayの関連記事
ジョエル・パーキンソンが今シーズン限りで引退を表明
Corona Open J-Bayの現地レポート一覧

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む