PHOTO: © WSL/Scott

【2021年CS】カリフォルニア、ポルトガル、フランス、ハワイの4カ所で開催

2021年CTのオーストラリアレッグが進行中にワールドタイトルを決める『WSL Finals』までの具体的なCTスケジュールを公表したWSL。

次は2022年CTへのクオリファイを決めるチャレンジシリーズ、通称CSのスケジュールを発表した。

8月のカリフォルニア『Vans US Open of Surfing』から始まり、9月〜10月にポルトガルとフランス、11月〜12月にハワイで2戦、合計5戦、北半球に集中してCSが行われる。

2020年にパンデミックによりキャンセルになった南半球のニュージーランドのCS『Piha Pro』は2021年もキャンセルされ、2022年の復活を目指すとのこと。

現在も厳しい入国制限を設けているニュージーランド。
隣国のオーストラリアのみ4月19日から隔離なしの一般渡航が開始される予定だが、それでも条件があり、コロナ前のような気軽に観光を出来る感じではない。

オーストラリアのCTだけ見ていると麻痺してしまうものの、まだコロナ禍が完全におさまってツアーが正常化されるのは先の話と考えた方が良いのだろう。

2021年チャレンジャーシリーズ(CS)スケジュール

第1戦 8月2日〜8日 カリフォルニア
『Vans US Open of Surfing』

第2戦 9月20日〜26日 ポルトガル
『EDP Pro Ericeira』

第3戦 9月27日〜10月3日 フランス
『Quiksilver Pro France』

第4戦 11月13日〜24日 ハワイ
『Haleiwa Challenger Series』

第5戦 11月25日〜12月7日 ハワイ
『Sunset Challenger Series』

WSL公式サイト:http://www.worldsurfleague.com/

(空海)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。