Photo: WSL / Bennett

2021年のQSスケジュールが公表、アジア上位6名がCS出場確約。

12月2日、World Surf League(WSL)は、2021年のリージョナルイベントスケジュールを公表。アジア地域からはQSランキング男女上位6名が、8月以降のチャレンジャーシリーズに出場できることが正式発表された。


今年4月、WSLは2021年以降のツアー構成変更を発表。これまではチャンピオンシップツアー(CT)とクオリファイシリーズ(QS)の2部構成だったが、QS10000を新たに「チャンレジャーシリーズ(CS)」と設定。
2021年1月から7月までに行われるQSの結果に基づいて、8月から12月に実施されるCSの参加資格が決められる。

このフォーマットを基本としつつ、新型コロナウイルスの影響を勘案して以下の措置が取られる。

■2021年 QS/CSシリーズの主な実施方針

・選手は基本的に自国開催のリージョナルイベントに参加。(現段階の方針では日本の選手は日本開催のQSのみに参加)

・リージョナルQSランキング上位者がCSに出場する。ランキングは上位5イベントの結果で算出される。

・CS出場枠数はリージョン毎にが割り当てられる。アジアは男女各6名。

・2020QSイベントのポイントは、2021シーズンに持ち越される

WSLアジアパシフィック事務局の記者発表では、オーストラリアではQS4戦、アジアは数ヶ月以内に発表としている。一方、WSL公式サイトにはインドネシアでの3戦などが予定されている。

今後どのランクのイベントが追加されるのかにも寄るが、現時点で発表されているのはQS1000か3000のイベントが多く、今年1月のQS5000「Corona Open China」で優勝し現在QS4位につけている村上舜をはじめ、日本の選手にとってはCSに出場できる可能性の高いチャンスの1年と言えるだろう。

また、ジュニアツアーについてはカレンダー通りに実施され、例年通り各地域の上位男子3名、女子2名が2021年12月のワールドジュニアチャンピオンシップに出場する。

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。