Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

岩見天獅&松岡亜音が優勝!「アジアオープン」プロジュニア

3月21日から、千葉・一宮の釣ヶ崎海岸(通称:志田下)で「アジアオープン」の本戦が開幕。21日から22日の2日間にかけて、20歳以下のプロジュニアの大会が行われ、地元の岩見天獅と松岡亜音が優勝した。

地元一宮の岩見天獅が優勝

メンズサイドの初日はR2まで進行。村田嵐、伊東李安琉、金沢呂偉、矢作紋乃丞、平原颯馬、渡邉壱孔、松原渚生などが順当に翌日へ駒を進めた。

なかでも初日から際立っていた地元一宮の16歳、岩見天獅。初日に出場したR2では、シャープかつパワフルなターンで初日のハイエストスコア12.50を出し、危なげなくR3へ進出。

Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

その後のラウンドでも全て10pt以上のヒートスコアを揃えてファイナルへ駒を進めた。ファイナルでは、寺田文太、藤本世音、矢作紋乃丞の3名が波周りに苦戦して7点台の持ち点が続くなか、岩見天獅は6.00と8.25の2本を揃え14.25で圧勝した。

ファイナルでの岩見天獅 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
2位 寺田文太 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
3位 藤本世音 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
4位 矢作紋乃丞 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
1、2フィニッシュの岩見天獅と寺田文太。2人をサポートするNavigator Surfboardの鵜澤清永氏 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

ウィメンズは松岡亜音が優勝

ウィメンズの初日は、R1とR2のH4まで進行。脇田紗良が初日のハイエスト13.00を出して1位通過したほか、都築虹帆、馬庭彩、松田詩野、中塩佳那、松永莉奈、佐藤李、池田未来、松岡亜音などが2日目へ進出した。

初日の脇田紗良 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

ファイナルに駒を進めたのは、なかでも経験・実績ともに豊富な都築虹帆、脇田紗良、中塩佳那、松岡亜音の4名。なかなかアベレージスコア以上がでない試合展開が続くなか、2021年JPSAチャンピオンであり、先日の強化合宿でもトップ通過した松岡亜音が、1人4点台を揃えて優勝した。

優勝 松岡亜音 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
2位 都築虹帆 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
3位 脇田紗良 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
4位 中塩佳那 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
松岡亜音 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
約3年ぶりの国内開催となったWSLイベント Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
チェックインした選手はマスクと交換でゼッケンを受け取る Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
有料での観戦が可能となった今回はメーカーもブース出展 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
雨雪に見舞われた今回。ジャッジタワー前のパネルワイプも欠かせない Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
オリンピック会場となった志田下。自然公園として整備が進められており、既に100台分の駐車場が完成(大会期間中は関係者用) Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

これでチャレンジカップと、プロジュニアが終了し、残すはQS1000のみ。男女3名、女子4名のCS出場権をめぐって熾烈な争いが繰り広げられることは間違いない。明日3月23日のファーストコールは午前7:30。

LIVE放送やヒート表は公式サイトにて。

QS1000男子 https://www.worldsurfleague.com/events/2022/mqs/3972/asia-open
QS1000女子 https://www.worldsurfleague.com/events/2022/wqs/3974/Asia-Open

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。