『2019ISAワールドサーフィンゲームス』特設ページ 2019.09.07-15 宮崎・木崎浜

2019 ISA WORLD SURFING GAMES

OFFICIAL MEDIA PARTNER: THE SURF NEWS & BCM

最新トピックス

注目のヒート

9/15 11:50頃 男子決勝(終了)
1位イタロ、2位コロヘ、3位ガブリエル、4位村上舜

デイリーハイライト動画

9月15日(日)

ついにファイナルデーを迎えた『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』 最終日ではリパチャージ10では村上舜が、和井田理央とのアジア人対決を制し、条件付きながらもオリンピック出場資格を獲得。 決勝ではブラジルのイタロ・フェレイラが金メダル、村上舜が見事4位入賞! ≫DAY9レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月14日(土)

『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』大会8日目 リパチャージ8で五十嵐カノアが、リパチャージ9で大原洋人が敗退。 五輪出場権アジア枠は日本の村上舜とインドネシアの和井田理央の2人で争うことになった。 ≫DAY8レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月13日(金)

『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』大会7日目 翌日からの悪天候を予想して、合計51ヒートをこなすマラソンデイ。 五十嵐カノアはラウンド5で敗退し、リパチャージ8へ。 一足先にリパチャージに回った大原洋人と村上舜は快進撃を続け翌日に駒を進めた。 ≫DAY7レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月12日(木)

大会6日目、男子ラウンド2は波乱の展開。ジュリアン・ウィルソン、オーウェン・ライトが早くも敗退。波乗りジャパンは快勝!! ≫DAY6レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月11日(水)

大会5日目、本日amは各国の代表選手4名(男子2名、女子2名)がリレー形式で演技を行うチーム戦「アロハカップ」が開催。その後は男子ラウンド1の残りヒートが進行。波乗りジャパンの村上舜が、男子ラウンド1で最高得点となる、トータル16.5ptをマークしラウンド2へ駒を進めた。 ≫DAY5レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月10日(火)

大会4日目、一足先にウィメンズがファイナルデーを迎え、ペルーの「ソフィア・ムラノビッチ」が現役CT選手らを抑え金メダルを獲得。午後からはメンズヒートがトタートし、“波乗りジャパン”の五十嵐カノア、大原洋人がラウンド2へ駒を進めた。 ≫DAY4レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月9日(月)

大会3日目、“波乗りジャパン”メンバーは惜しくも全員敗退となるものの、リパチャージ7まで勝ち上がった松田詩野がアジア1位確定となり、条件付きながらも2020東京オリンピックの出場権を獲得した。 ≫DAY3レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月8日(日)

大会2日目、R3では“波乗りジャパン”の女子3人ともCT選手との対戦となり、松田詩野と前田マヒナがR4進出。脇田紗良はリパチャージのラウンド4行きとなった。 ≫DAY2レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月7日(土)

開幕初日、開幕式では五十嵐カノアが選手宣誓。午後からは女子のヒートが始まり、松田詩野と脇田紗良が出場し1位通過。フェスではDefTechなどのライブも行われた。 ≫DAY1レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月6日(金)

開幕前日、宮崎県庁にて記者会見が行われ、日本代表波乗りジャパンの脇田紗良や、ブラジル代表のガブリエル・メディナ、フィリッペ・トレドが出席し、大会への抱負などを語った。 ≫開幕前日レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

9月5日(木)

大会開幕を前に、世界各国の選手団が続々と来日中。6名のメンバー全員がCT選手となる強豪「オーストラリア」は、宮崎入りを前にオリンピック会場を視察。地元小学生らとも笑顔で交流。 ≫現地レポート

▶︎TSNオリジナル
▶︎ISA公式動画

関連ニュース

    開催概要

    オリンピック競技を目指す組織「国際サーフィン連盟(International Surfing Association)」が主催する大会。サーフィンのチャンピオンと国のランキングを決定する選手権であり、世界を目指すサーファーにとっては、「サーフィンのワールドカップ」として認知されている。2019年大会はこれまでISA主催大会に参加していなかったトッププロ選手たちも出場することで注目を集めており、2020東京オリンピック出場権をかけた世界最大級のサーフコンテストである。

    出場選手

    各国最大で男女各3名、計6名の選手が参加する。 日本代表「波乗りジャパン」からは、昨年大会で団体金に大きく貢献した五十嵐カノア&村上舜が今年も参戦。 アメリカ・オーストラリア・ブラジルをはじめとする強豪国からは、ケリー・スレーター、ステファニー・ギルモア、ガブリエル・メディナなどのワールドチャンピオンを含む、WSLのCT(チャンピオンシップツアー)選手が多数出場する。

    国別ランキング

    • ブラジル
      1位
    • アメリカ
      2位
    • 日本
      3位
    • ペルー
      4位
    • 南アフリカ
      5位

    注目選手の試合結果

    波乗りジャパン 次のヒート
    ラウンド・ヒート / 開始予定時刻 ・ポディウム
    直近のヒート結果
    ラウンド・ヒート / スコア / 結果
    村上舜4位確定 ★アジア1位確定!決勝 11.74pt 4位
    大原洋人11位確定Rep9 ヒート2 10.37pt 3位敗退
    五十嵐カノア13位確定Rep8 ヒート2 12.9pt 3位敗退
    松田詩野 15位 ★アジア1位確定!Rep7 ヒート2/4位敗退
    前田マヒナ21位確定Rep6 ヒート3/4位敗退
    脇田紗良41位確定 Rep4 ヒート3/4位敗退
    海外選手 次のヒート
    ラウンド・ヒート / 開始予定時刻
    直近のヒート結果
    ラウンド・ヒート / スコア / 結果
    イタロ・フェレイラ(BRA)1位確定決勝 17.77pt 1位
    コロヘ・アンディーノ(USA)2位確定決勝 17.06pt 2位
    ガブリエル・メディナ(BRA)3位確定決勝14.53pt 3位
    ケリー・スレーター(USA)5位確定Rep12 ヒート1 13.1pt 3位敗退
    フィリッペ・トレド(BRA)9位確定 Rep10 ヒート2 棄権
    ジョーディ・スミス(RSA) 31位確定Rep5 ヒート1/3位敗退
    ジュリアン・ウィルソン(AUS) 73位確定Rep2 ヒート2/3位敗退
    カリッサ・ムーア(USA)4位確定決勝 12.60pt 4位
    サリー・フィッツギボンズ(AUS)6位確定 Rep10 ヒート1/4位敗退
    ステファニー・ギルモア(AUS) 7位確定 Rep9 ヒート1/3位敗退
    コートニー・コンローグ(USA)11位確定Rep8 ヒート1/4位敗退

    (9/15 15:50時点)※公式結果は以下のライブスコアボードまたはISAオフィシャルサイトでご確認ください

    OFFICIAL MEDIA PARTNER

    • THE SURF NEWS
    • 波情報 BCM
    THE SURF NEWSBCMは本大会のオフィシャル・メディアパートナーとして協力しています