Photo: THE SURF NEWS

松田詩野アジア1位、五輪出場資格を獲得『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』3日目

9月9日、宮崎・木崎浜で五輪出場選考を兼ねるサーフィン世界選手権『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』の大会3日目が開催され、松田詩野のアジア1位が確定し、日本代表選手のなかで初めて東京五輪出場資格を得た。

松田詩野は、敗者復活戦となるリパチャージラウンド6の第1ヒートで2位で勝ち上がったが、リパチャージラウンド7でカリッサ・ムーアに対してインターフェアを犯し敗退。

しかし、前田マヒナがリパチャージラウンド6の第2ヒートで4位敗退した時点で、日本人選手以外でアジア枠の選手が勝ち残っていないことから、五輪選考対象となるアジア1位が確定した。

五輪出場選考において、本大会は3番目の優先順位となる。そのため、2020年の『ISAワールドサーフィンゲームス』で女子上位7位以内に、日本から松田詩野以外の2名が入った場合は、出場権が移行する可能性があるものの、現実的にはほぼ出場が決まった。これにより開催国枠の女子1名分は返上となる。

五輪に出場できるのは1カ国あたり最大男女各2名。日本の女子があともう1枠を勝ち取るには 、2020年『ISAワールドサーフィンゲームス』に出場する有資格者のなかで上位7位以内に入る必要がある。

▼THE SURF NEWSオリジナルDay3ハイライト動画

刻々とコンディションが変わるなかチューブを見つけたコートニー Photo: ISA / Ben Reed

大会3日目は台風15号のうねりが届き、波は頭オーバー~ダブルで、オープンフェイス(波の斜面が広く残っている状態)を作り出し、時折バレルまで出現した。

今年の『ISAワールドサーフィンゲームス』は五輪出場も兼ねているため、各国からチャンピオンシップツアー(CT)選手が多く参戦。CT選手同士があたるヒートも多く、組み合わせによっては、3度のワールドチャンピオンであるカリッサ・ムーアのような選手でさえ、本戦ラウンド2で早々に敗者復活戦行きを強いられる状況。

脇田紗良はリパチャージ4でタイナ・ヒンケル(BRA)やティア・ブランコ(PUR)、エラ・ウィリアムス(NZL)と対戦し、4位敗退で41位に。

前田マヒナは、R4でステファニー・ギルモア(AUS)とシルバナ・リマ(BRA)などと対戦し敗者復活戦へ。リパチャージラウンド6でカリッサムーア(USA)などとあたり、4位敗退で21位。

松田詩野もR4で元CT選手のソフィア・ムラノビッチやビアンカ・ビテンダッグとあたり敗者復活戦へ。リパチャージラウンド6はLeticia Caneles(ESP)に続いて2位で 勝ち上がり、そこでアジア1位は確定。リパチャージラウンド7では、カリッサとコートニー、Eveline Hooft(NED)とのヒートとなり、カリッサにインターフェアを犯してしまい4位敗退。

やはり技術力、精神力ともにCT選手の強さが際立つ展開となった。

9/10は女子が決勝戦まで行い、男子ラウンド1が開始する予定。

脇田紗良のヒートを見守るギャラリー Photo: THE SURF NEWS
敗退後の脇田紗良 Photo: THE SURF NEWS
Photo: THE SURF NEWS
「私のCT選手と多くあたるヒート組で大変だった」と悔しさを滲ませた前田マヒナ Photo: THE SURF NEWS
松田詩野 Photo: THE SURF NEWS
アジア1位確定後の松田詩野インタビュー Photo: THE SURF NEWS
ファンサービスする五十嵐カノア  Photo: THE SURF NEWS

TSNオリジナル Day3ハイライト動画

松田詩野アジア1位『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』大会3日目

『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』大会3日目前田マヒナ VS ステファニー・ギルモア松田詩野 VS カリッサ・ムーアなど注目ヒートのライディング映像を収録。松田詩野はアジア1位確定となり、五輪出場資格を得ました。▼大会詳細は以下からhttps://www.surfnews.jp/isawsg2019/

THE SURF NEWS/最新サーフィンニュースを読み解くさんの投稿 2019年9月9日月曜日
Movie: THE SURF NEWS / Kenji Iida

(THE SURF NEWS編集部)

2019 ISA ワールドサーフィンゲームス
特設ページに戻る

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。