五十嵐カノアのヒートを見守る「波乗りジャパン」メンバー Photo:THE SURF NEWS

2019 ISA WSG後半戦。「波乗りジャパン」は敗者復活戦からメダル獲得を目指す。

いよいよ後半戦、コンテスト7日目を迎える「2019 ISA ワールドサーフィンゲームス」。
会場の宮崎木崎浜は、昨日と同等程度の波サイズをキープしているものの、本日は朝から東寄りの風が入りややまとまりないコンディション。

また、この風の影響で日中は強い流れも発生。決してグッドコンディションとはいえないものの、明日からの悪天候を予想して、残るスケジュールを急ピッチで進行。
am7:30の競技開始よりメインラウンド3~5、リパチャージラウンド3~7、合計51ヒートをこなすマラソンデイとなった。

カノアのヒート勝利を迎える波乗りジャパン Photo:THE SURF NEWS

五十嵐カノアvsフィリッペ・トレドのエアー対決

本日、波乗りジャパンの先陣をきって登場した五十嵐カノアは、ラウンド3でも貫禄のサーフィンで1位通過。
また、続くラウンド4ではブラジルの強豪「フィリッペ・トレド」と対戦。フィリッペが得意とするエアー勝負を競り勝ち、見事トップでラウンド5まで駒を進めた。

昨日より波が増えてきていて、やれることが多くなってきた。
フィリッペが「エアーやるよ」て合図してきたから、俺もやったんだ。
観客もどんどん増えてきていて・・
さっき洋人も舜もリパに廻ってしまったから、メインラウンドでも日の丸を掲げ続けたいって思って燃えました。

五十嵐カノア

しかしながら、ラウンド5ではイタロ・フェレイラやフェデリコ・モライスを相手に敗退。リパチャージラウンド8行きとなった。

五十嵐カノアのヒートでは「Go! Kana!」の日本国旗を掲げて応援するギャラリー Photo:THE SURF NEWS
海から上がってくるカノア&フィリッペ Photo: THE SURF NEWS

大原、村上はラウンド3を敗退、リパチャージへ

昨日まで好調なサーフィンで、ラウンド2までをメンバー全員が1位通過した「波乗りジャパン」。
しかし迎えたラウンド3では、大原洋人はケリー・スレーター、村上舜はコロヘ・アンディーノなど強豪と対戦。この頃からコンディションもさらに悪化し、波とのサイクルも合わず本来の実力を見せることなく共に敗退。

リパチャージ行きを余儀なくされ、敗者復活からのグランドファイナルを目指すこととなった。

波乗りジャパン Photo:THE SURF NEWS

リパチャージからの快進撃

早い段階から敗者復活戦行きを強いられた大原洋人と村上舜。ここからグランドファイナルへ出場するには、ラウンド数でいう12回戦を勝ち上がらなければならない。

サーフィンはもちろん、体力勝負にもなる展開。少なからず波運などにも左右されてしまうサーフィン競技にとって試合数をこなすことはリスキーではあるが、大原洋人は現役CT選手のミシェル・ボーレズ、村上舜は元CTのマイケル・フェブラリーなどの強豪を下すなど徐々に調子を上げていき、共にリパチャージラウンド4〜7を無事通過。リパチャージラウンドラウンド8まで駒を進め、明日につなげた。

疲れたは疲れたけど、こういう時のためにトレーニングをしてきたので、そこまでヘトヘト、というわけではありません。
(村上)舜と二人で「今日は勝ち上がって絶対にファイナルデーに残らないと金メダルなんて話しにならない。」と話していました。
二人とも勝って、明日につなげられて良かったです。

大原洋人
大原洋人 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

(リパ行きが決まってしまって)先はまだ長いけど切り替えて、集中してヒートをこなしていくしかないと思って挑みました。うまく切り替えることができて良かったです。
でもまだ自分のサーフィンはできていないので、明日はもっと良いライディングをしたいです。

村上舜
村上舜 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

団体&個人の金メダル、そしてオリンピック代表のアジア枠を賭けた後半戦

14日のファーストコールはam8:00、早ければam8:30にリパチャージ8よりスタート予定。
第一ヒートには村上舜、第二ヒートには五十嵐カノア・大原洋人・和井田理央(INA)が同ヒートにクレジット。
さらにメインラウンド5には、ケリー、コロヘ、ガブ、イタロなど優勝候補筆頭の選手がまだまだ残っている。

本大会のメダル獲得を目指している日本代表「波乗りジャパン」。そして2020東京オリンピックの出場権を得るためには、アジアで第一位の成績を残すことが条件であり、この1枠を争うのは、五十嵐カノア、大原洋人、村上舜の3名と、日本人とのハーフでインドネシア代表の和井田理央。
※ただし、仮にこのアジア枠を五十嵐カノアが獲得し、後にCT枠でもオリンピック出場権を得た場合は、五十嵐カノアのアジア枠は無効となり次点の選手が繰り上がる。

明日以降、天候の悪化や波コンディションの急変によりスケジュールが大幅に変更になる可能性もあるので、特設ページ等の最新情報をぜひチェックしてほしい。
Go! Japan!

2019 ISA ワールドサーフィンゲームス
特設ページに戻る
平日ながら本日も沢山のファンが会場へ詰めかけた。Photo:THE SURF NEWS
観客の目の前でインタビューに答える五十嵐カノア Photo: THE SURF NEWS
ケリー・スレーターと、USAチームのコーチを務める “シンポ” ことブレッド・シンプソン Photo:THE SURF NEWS
後半のヒートはツインフィンのボードを使用していたケリー Photo:THE SURF NEWS
ヒート中のフィリッペ・トレドにポジショニングの指示を送る、コーチであり父親のリカルド Photo:THE SURF NEWS
勢いに乗ると止まらないイタロ・フェレイラ Photo:THE SURF NEWS
アジア最上位をかけて争うことになるインドネシアの和井田理央 Photo: THE SURF NEWS
カノアVSフィリッペのエアー対決!『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』7日目①

男子ラウンド4で繰り広げられた五十嵐カノアとフィリッペ・トレドのエアー対決も収録!『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』7日目ハイライト①▼7日目の詳細は以下よりhttps://www.surfnews.jp/news_topics/news/25027/

THE SURF NEWS/最新サーフィンニュースを読み解くさんの投稿 2019年9月14日土曜日
Movie: THE SURF NEWS / Kenji Iida
リパチャージで波乗りジャパン快進撃『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』7日目②

ラウンド3で本来の実力を出せず、敗者復活戦行きとなった大原洋人と村上舜。リパチャージラウンドでは徐々に調子を上げ、Round4~7をすべて突破し、明日につなげた。▼大会7日目レポートhttps://www.surfnews.jp/news_topics/news/25027/

THE SURF NEWS/最新サーフィンニュースを読み解くさんの投稿 2019年9月13日金曜日
Movie: THE SURF NEWS / Kenji Iida

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。