Photo: ISA / Sean Evans

【大遅刻】イタロ・フェレイラ奇跡の金メダルストーリー『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』

9月7日から15日まで、宮崎・木崎浜で開催されていた『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』 で、見事優勝を果たしたブラジル代表のイタロ・フェレイラ(25)。

日本入国の数日前にパスポートを盗まれ、大会への参加が危ぶまれていたが、自身のヒート開始後に会場に到着し、ラウンド1を逆転1位で通過。その後も決勝まで勝ち進み、大会唯一の10ptをスコアして見事優勝。その逆転劇は「イタロ劇場」と称され会場を大いに沸かせた。

イタロはどんな境遇におかれていたのか。イタロが会場に到着した瞬間の映像、本人へのインタビュー、SNSで語った内容などから、そのドタバタ逆転ストーリーの一部始終をお届けする。


パスポートとビザの盗難、台風によるフライト遅延

日本時間9月6日、サンタモニカのレストランに駐車していた車が盗難に遭い、パスポート、日本のビザ、アメリカのビザを紛失。取得にかなり時間のかかるビザを紛失したことで来日がかなり危機的状況に。

本人がSNSに投稿した内容によれば、その状況でベストな方法はアメリカを出国してから、在日アメリカ領事館で全ての手配を行うことだったため、9月8日に東京行きのフライトに搭乗し、翌9日にビザ再取得のためのアメリカ領事館との面接アポを入れていたという。

ところが、東京を直撃した台風の影響でフライトが遅延。18時間も飛行機に乗るハメになり、領事館とのアポも男子ラウンド初日の10日朝8時半に変更した。

その後、領事館での面接でビザが無事に承認され、東京から宮崎行きのフライトに乗った。

残り時間10分で会場に到着、フィリペの板で出場

宮崎空港到着後、預けていたサーフボードを含め手荷物を受け取る暇もなく、迎えに来ていたブラジルチームのバンに乗った。この時点でヒートはスタートしていて、空港から会場の木崎浜まで約10分ほどで到着。

会場の柵もダッシュで飛び越え、ビーチマーシャルでジャージを受け取り、飛行機で履いていたデニムショーツのまま、フィリペの板を借りて出場した。

イタロ・フェレイラ会場到着の瞬間『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』

【イタロ・フェレイラ会場到着の瞬間】パスポート盗難により一時は『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』への出場が危ぶまれていたブラジル代表イタロ・フェレイラ。ヒート開始10分経過後、宮崎空港から会場に駆けつけ到着した瞬間の映像を公開!このあとフィリペの板で出場し1位通過。金メダルまで獲得してしまいました。▼イタロ・フェレイラ逆転劇の一部始終は以下よりhttps://www.surfnews.jp/feature/inside_story/25361/

THE SURF NEWS/最新サーフィンニュースを読み解くさんの投稿 2019年9月18日水曜日

残り時間1分20秒で逆転、試合スケジュール遅延もイタロを助けた

ジャージを着用し海に走り出した時点で、残り時間は9分10秒。次ラウンド進出には12点以上のスコアが必要で、プライオリティも最下位だった。ブラジルなどの強豪国選手にとって、ISA世界戦のラウンド1は「勝って当たり前」と言われているが、それでもこのヒートでは対戦相手の3人中2人が11点以上をスコアしており、逆転にはコンビネーションスコアが必要だった。

1本目はワイプアウトで2.23。2本目をメイクして5.13をスコア。残り時間1分20秒、逆転に必要なスコアは6.21という状況で、1マニューバー後のエアリバースで8.33を得点。見事1位通過を果たした。

男子のラウンド1が行われた9月10日は、 当初7:00ファーストコール、7:30開始予定だった。ところが波のコンディションをみて、スタートが1時間半遅れたことも、イタロの状況を助けることになった。

ヒート直後にインタビューに答えてくれたイタロ PHOTO: THE SURF NEWS

■ラウンド1ヒート終了直後のインタビュー
「パスポートをなくしてしまって、パスポートと日本のビザを取り直す必要があった。ブラジルの友達が本当に協力してくれて、なんとか2日間で手配することができたんだ。空港には数分前についたばかりで、荷物を受け取る暇もなくて、空港に置いたままなんだ。フィリッペの板を借りて、飛行機で着ていたボードショーツで参加したよ。間に合って本当にうれしいよ。」-イタロ・フェレイラ

大会唯一の10ptをスコアし、金メダルを獲得

その後もイタロはキレたライディングを続けて着々とラウンドアップ。その勢いを目の当たりにした会場では「このまま優勝はイタロじゃないのか?」と噂になった。

実質セミファイナルとなる本戦ラウンド7で、ケリー・スレーター、ガブリエル・メディナ、コロヘ・アンディーノと対戦し4位。ケリーとともに敗者復活戦行きを強いられた。

折れた板をファンにプレゼントするイタロ Photo; THE SURF NEWS

敗者復活戦のリパチャージラウンド12では、ケリー、日本の村上舜、モロッコのラムジー・バークヒアムと対戦。1位通過でグランドファイナルに返り咲きした。

決勝では、ガブリエル、コロヘ、村上舜を相手に、バックサイドのフルローテーションエアーをメイクして、今大会初のパーフェクト10をスコア。自身初となるISAでの優勝を果たし、チームブラジルを団体金に導いた。

村上舜4位、日本団体銅!『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』最終日

宮崎木崎浜で開催されていた「2019 ISAワールドサーフィンゲームス」がついに終了。3名のCT選手を相手に、日本代表の村上舜が4位入賞!日本代表は団体でも銅メダルを獲得しました。▼ISAワールドサーフィンゲームス 特設サイトhttps://www.surfnews.jp/isawsg2019/

THE SURF NEWS/最新サーフィンニュースを読み解くさんの投稿 2019年9月15日日曜日
ファイナルデーハイライト動画 Movie: THE SURF NEWS / Kenji Iida

「どんな困難があっても諦めずに信じていれば、最後には上手くいく」-イタロ・フェレイラ

イタロは自身のInstagramで以下のように語った。

この投稿をInstagramで見る

(Continuação nos comentários) Se você tiver um minuto, leia o texto abaixo e reflita comigo sobre tudo o que aconteceu nos últimos dias. Você pode transformar essa história em algo positivo pra sua vida. Fui roubado 4 dias atrás, nos Estados Unidos. Na minha mochila, que eles levaram, tinha alguns pertences pessoais e o documento mais importante para uma pessoa que está viajando e nem sabe falar perfeitamente a língua local: o passaporte. Este era eu. Sem saber pra onde ir, sendo que no mesmo dia eu tinha um voo marcado para o Japão 🇯🇵 para competir em um evento mundial essencial na busca por uma vaga nas olimpíadas de 2020, em Tokyo. No dia seguinte ao roubo, tive ajuda de algumas pessoas do Brasil, Estados Unidos e até mesmo do Japão. Tentaram me ajudar com um passaporte novo, um visto japonês e o mais difícil: o visto americano. Todas as informações diziam que o melhor era eu sair dos Estados Unidos para refazer tudo (marcar horário, agendar entrevista, etc) no consulado americano. Então saí dos Estados Unidos no dia 08 de setembro e embarquei para Tokyo, com entrevista marcada para o dia seguinte, 09. Parecia tudo normal, mas MEU VOO ATRASOU POR CAUSA DE UM FURACÃO – inclusive, fiquei 18 horas dentro do avião. Ou seja, eu não teria como chegar a tempo para a entrevista no consulado no Japão. Então remarquei para as 8:30 do dia 10 de setembro, primeiro dia da competição, sem ter certeza de que o visto seria aprovado. Eu estava confiante e feliz, mesmo depois de tudo, só por ter chegado até o Japão. O visto foi aprovado, deixei meu passporte no consulado americano e comecei mais uma missão. Fui correndo para o Aeroporto de Tókio em busca do primeiro voo para a cidade onde eu iria competir. Minha bateria era a 6ª do Round 1, mas o evento atrasou 1 hora e isso me deu uma pequena chance de chegar a “tempo”. Quando pousei no aeroporto, saí correndo: larguei as malas e fui direto para o carro do comitê brasileiro que estava a minha espera. Minha bateria já tinha começado e demoramos 10 minutos do aeroporto até a praia. CONTINUA NOS COMENTÁRIOS!

Italo Ferreiraさん(@italoferreira)がシェアした投稿 –

色々なことが上手くいかなかったけど、最後まで望みは捨てなかった。僕が五輪出場するにはCTランキングが重要で、今回の大会の結果自体は関係ないけど、もし欠場することになれば五輪出場資格を失うところだった。

僕はサーフィンが大好きで、いつも海ではベストなパフォーマンスをしようと思ってる。どんなに大変なときでも神様の力で這い上がるんだ。

沢山の困難があったけど、ここにたどり着けたことはということは、僕にとって勝利に等しいんだ。だからもし、もしあなたが何か問題を抱えていても、絶対に諦めないで。自分を信じて。出来ると信じていれば、最後には上手くいくはずだから。

Instagram @italoferreira 投稿全文訳はWorld Surf Moviesにて
大会会場を去る直前のイタロ Photo: THE SURF NEWS
ブラジルサーフィン連盟会長 Photo: THE SURF NEWS

大会終了後、イタロのコーチは、イタロの性格について「イタロはとても強いパーソナリティを持っている。海でも、陸上でも、トレーニングにとても熱心に励んでいるよ。常に、全ての側面から、真剣に考えて取り組んでいる。」と語った。

しかし、このドラマティックな展開について尋ねると「僕達は彼のためにできることをやっただけだよ。パスポートを無くしたこともそんなに大きな問題じゃない。旅を続ける彼の人生の一部だよ。まぁ、僕の見解だけど。」と淡々とコメント。 コーチの眼には、この先のもっと大きなドラマが映っているのだろう。

以前、あのケリー・スレーターさえも「スピード、パワー、フロー、バラエティ全てを兼ね備えてた新世代のサーフィン」と言わしめたイタロ。この先の更なるドラマに期待したい。

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。