Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

松田・前田はR4進出、脇田はリパ行き。『ISAワールドサーフィンゲームス』2日目

五輪選考を兼ねた『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』の大会2日目となる 9月8日、女子ラウンド1の残ヒートからラウンド3まで、リパチャージラウンドの1と2の前半が実施された。

日本代表“波乗りジャパン”の松田詩野と前田マヒナはラウンド4に進出し、脇田紗良はラウンド3で4位となり敗者復活戦であるリパチャージラウンド4行きとなった。

松田詩野 Photo: THE SURF NEWS

朝は7:30コールで、8:00スタート。 4人組、20分間でヒートが進行した。 朝の天気は曇りで、 波はコシ~ハラ 、風はほぼ無風。 日中は快晴となったが、波は徐々にサイズダウン、風もオンショアに。

ラウンド2までは、日本代表女子選手3人ともテンポよく波を選び、攻めのサーフィンで揃って1位通過していたが、ラウンド3からはどの選手もチャンピオンシップツアー(CT)選手と同ヒートとなり、ライディングの度にギャラリーが一喜一憂するような攻防戦が続いた。

本日のハイエストヒートスコアを出したキャロライン・マークス Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

R3で松田詩野はニッキ・ヴァン・ダイク(AUS)と、脇田紗良はキャロライン・マークス(USA)と対戦。

前田マヒナはタティアナ・ウェストン・ウェブ(BRA)、コートニー・コンローグ(USA)とCT選手が2人もいるヒートとなったが、ハワイからの幼馴染でもあるタティアナと共に1・2フィニッシュを決めた。

前田マヒナ Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

またラウンド3の第7ヒートでは、ステファニー・ギルモアとサリー・フィッツギボンズのオーストラリアCT選手同士が対戦。ステファニーは落ち着いたライディングで14.13ptで1位通過した一方、サリーは3位となりリパチャージ行きとなった。

パスポート紛失が報じられているブラジルのイタロ・フェレイラだが、ISA担当者によれば本日時点では参加予定とのこと。

ステファニー・ギルモア Photo: THE SURF NEWS
Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
和井田理央の囲み取材を急遽実施 Photo: THE SURF NEWS
フェス会場では昼12時から夕方までライブ開催 Photo: THE SURF NEWS
浴衣を纏ったISAフェルナンド・アギーレ会長夫妻 Photo: THE SURF NEWS
Quiksilverブースでは波乗りジャパンのウェアが完売。宮崎出身のプロサーファー渡辺寛の姿も。Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
日本代表“波乗りジャパン”女子ヒート『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』2日目

『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』大会2日目の日本代表“波乗りジャパン”のライディング映像を収録!R3では女子3人ともCT選手との対戦となり、松田詩野と前田マヒナはR4進出。脇田紗良はR3で4位となりリパチャージ行きとなっています。▼大会2日目の様子は以下からhttps://www.surfnews.jp/contest/world/24528/

THE SURF NEWS/最新サーフィンニュースを読み解くさんの投稿 2019年9月8日日曜日
Movie: THE SURF NEWS / Kenji Iida

明日は7:30コール、8:00にリパチャージラウンド2から開始予定。日本代表選手や注目選手のヒート開始時間は以下特設ページから!

2019 ISA ワールドサーフィンゲームス
特設ページに戻る

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。