Image: 気象庁

気象庁「警報・注意報が解除されるまで海に近づかないで」津波は繰り返し発生、満潮時刻にも注意 

★津波警報・津波注意報は1月16日14時00分、全て解除されました。

1月16日(日)0時15分、奄美群島・トカラ列島に津波警報が発表された。その他太平洋沿岸にも津波注意報が発令されている。沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなどへ避難を。

気象庁によると、日本時間1月15日13時10分ごろトンガの火山島で大規模な噴火が発生し、現地では最大80cmの津波が観測された。

16日午前3時現在、津波警報が出ている奄美群島・トカラ列島、岩手県をはじめ、北海道から沖縄まで注意報発令中のエリアでも、すでに0.2~1.2mの津波の到達が確認されている。また青森から鹿児島まで避難指示が出ているエリアもあり、千葉県一宮町在住のプロサーファーらも避難したことをSNSなどで報告している。

気象庁は「沿岸部や川沿いにいる人は直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してほしい。津波は繰り返し襲ってくるので警報が解除されるまで安全な場所から離れないでほしい。また注意報を発表している地域では潮の流れが速い状態が続くので海岸から離れ、警報や注意報が解除されるまで海に入ったり近づかないようにしてほしい」と呼びかけている。

またNHKは、「この津波警報、注意報は「長時間続きそう」です。 各地の満潮は明け方、 津波警報が出ている奄美群島・トカラ列島では午前6時半頃から満潮です。 明るくなってきても絶対に海に近づかないで!」と呼びかけている。

▼津波の到達状況・各地の満潮時刻
https://www.nhk.or.jp/kishou-saigai/tsunami/

▼避難情報
https://emergency-weather.yahoo.co.jp/weather/jp/evacuation/

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。