Photo Courtesy of Wavegarden

「ウェーブガーデン」が遂に日本上陸。JPFが国内独占契約、今後7年で7拠点開発

株式会社JPFとスペインの造波装置メーカー「ウェーブガーデン」は、日本国内において複数プロジェクト開発合意契約を締結したことを発表した。

JPFは、競輪などの公営競技場の運営や、写真判定システム開発、サイクルスポーツの振興等を展開し、日本全国に事業所を展開する。この度、同社はウェーブガーデンから独占交渉権を取得。今後7年間で国内に最大7拠点のWAVE GARDEN COVEを開発するという。

具体的な建設予定地は明らかにされていないが、ウェーブガーデン社HPによれば北海道と九州で1つずつ、本州で5つの開発プロジェクトが進行中となっている。

Photo Courtesy of Wavegarden

JPFは既に公式サイトを公開しており、「ハイクオリティな人工波の生成だけでなく、ビーチカルチャーの創造や周辺地域の活性化、サーフィンだけに閉じないスポーツ産業の発展を実現する次世代の人工サーフィン施設」を開発するとしている。

同社が経済系メディアに掲載した内容によれば、システムの総費用は約60億円。関東圏の場合は、年間で約18万人の利用者、約20億円の売上を見込んでいるという。

面積はフルサイズのウェーブプールと付随の建物を含めると約4万平方メートルになり、ウェーブガーデンお馴染みの中央に壁を挟んだ扇形の形状になる模様。
波のサイズは、50cm~2mの範囲で、ビギナー~エキスパート向けまで様々なレベルの波を生成可能。1時間で最大1,000本生成でき、最大16秒の長さのライディングを楽しめるという。最大収容人数は、56人の初心者と40人の中~上級者の計96人。

ウェーブガーデンのプールは、アジアでは既に韓国のシフン市に「Wavepark」がオープンしており、これが建設されればアジアで2番目となる。世界では現在7つの施設が完成しており、5件のプロジェクトが建設中、5大陸47件が検討段階にある。

今年8月にグランドオープンした「静波サーフスタジアム」、現在建設中の「ラ・レイエス湘南」に続く、国内での建設計画情報。続報にも要注目だ。

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。