日本サーフィン連盟と日本ライフセービング協会が「夏の安全な海岸利用」を呼びかけ

全国で多くの海水浴場が開設無しとなる今夏、多くの海岸で管理者不在の状態になることを懸念して、7月1日、日本サーフィン連盟は日本ライフセービング協会との共同メッセージを発信した。

「海岸で安全に楽しむために」「みんなで海を守ろう」との共通の見解のもと、海を愛し、熟知しているサーファーとライフセーバーが協力して海の安全を見守り、率先して事故防止に努めていくことを呼びかけた。

また、先日公開したウォーターリスクマネジメント協会との海での事故対処方法や、「新たなサーフィンのルール」について改めて呼びかけた。


全国のサーフィン愛好者へ

■サーファーとライフセーバー、共に海の安全を見守りましょう。

■利用する海岸の海水浴場は開設されていますか。

■新たなサーフィンのルール、新たな海岸利用のルール、知っていますか。

■海岸の利用者同士、優しく見守り、ゆずり合い。

■離岸流など危険な場所は教えてあげる。時には安全な場所へ誘導。

■人が多い場所は避けて、子供にも気を付けて。

■まずは自身の安全確保、次に他者の手助けを。

■その救助方法は危険ではないですか。

■すばやく通報。ライフセーバー、消防署、海上保安署へ。

■海の「もしも」は118番へ。

新しい生活様式に合わせた、新しい海岸利用のあり方。
事故が起きないように自身が安全知識を持つ。
さらにサーファーとライフセーバーが共に海を見守ることで、事故を未然に防ぐ。
海を愛する私たちが率先して事故防止に努めていく。
私たちの共通の願いです。

2020年7月
一般社団法人 日本サーフィン連盟
公益財団法人 日本ライフセービング協会


(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。