ミック・ファニングの引退戦Rip Curl Pro Bells BeachをVIP席で観戦?!チャリティチケットが販売開始。

昨日、2018年のベルズ戦をもって引退すると発表したミック・ファニング。

その引退戦であるRip Curl Pro Bells BeachをVIP席で観戦できたり、ミックと一緒にサーフィンしたりと、ファンにとって夢のような権利が当たるチャリティチケットの販売が開始された。

集まったチケット代金は、ミックはアンバサダーを務めている野生動物・環境保護団体WildArkに寄付される。

チャリティチケットの概要は以下の通り。

▼当選者の特典
チャリティチケットを購入した人の中から、抽選で1名が選ばれる。当選者の友人1名も同行可能。

・ミックファニングと一緒にサーフィン(ビギナーも歓迎!)
・ミックファニングの引退戦Rip Curl Pro Bells BeachをVIP席で観戦
・大会中イベントThe Drop Festivalの入場チケットと、500ドルのショッピングチケット
・オーストラリアまでの航空券と、4つ星ホテルの宿泊料

▼寄付先
野生動物・環境保護団体WildArk
http://wildark.com

WildArkのミッションは、人々の手付かずの自然や野生動物を守り、人々を啓発すること。今回のキャンペーンを通して、研究、教育、野生動物保護のための慈善事業を支援し、私達や後世の子どもたちが素晴らしい生物多様性の恩恵を引き続き受けられることを目的としている。

▼チャリティチケット
最小購入数 10ドル(100口分)~
以下サイトより、クレジットカードで購入可能。

▼チャリティイベント詳細
参加時期:2018/3/31~2018/4/2
実施場所:オーストラリア ベルズビーチ
応募期間:2018/2/28~2018/3/22 23:59(日本時間2018/3/23 16:59)
当選者発表:2018/3/27
応募資格:13歳以上。18歳以上は親権者の同行が必要。その他詳細条件は以下のサイトで要確認。
詳細:omaze|Experience Mick Fanning’s Final Surf Competition as His VIP

このチャリティチケットという仕組み、日本ではまだあまり馴染みがないかもしれないが、ケリー・スレーターもサーフランチでのチャリティチケットを販売したり、ミック自身も過去に何度か実施している。

当選者は1名とかなり狭き門だが、最低口数は100口10ドルからとお手頃なため、寄付のつもりで購入してみてはいかがだろうか。

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む