2018年 五十嵐カノアは日本人としてCTに出場してオリンピック代表を目指す!

2018年1月に日刊スポーツで報じられた五十嵐カノアの2020年東京五輪、日本代表を視野に入れた動き。

2月には正式にNSAから強化指定選手として名前が掲載されていたが、3月11日から開幕するCTを前にWSLからも五十嵐カノアが日本人として登録を変更したと公表された。

WSLの記事によると日本のファンに向けてのメッセージが主で、オリンピックへの思いが綴られているが、自身のinstagramでは生まれ育ったカリフォルニア・ハンティントンビーチ、アメリカへの思いがポストされている。

アメリカで世界トップレベルのコンペティターとして成長し、日本では成人となる20歳、そしてオリンピックを機会に自らのルーツである日本で新たなキャリアをスタートさせる決意を固めたカノア。

平昌オリンピック開催中でオリンピックに興味が集まっているこの時期。
オリンピックでサーフィンが行われること自体、未知のことで想像もつかないが、五十嵐カノアが日本代表として世界の舞台に立つことを考えるとワクワクする。

WSL公式サイト

Surfing is a global sport and that’s one of the things I love most about it – getting to experience different cultures, meet different people and share waves with them around the world. I consider myself very fortunate to have been able to travel internationally through surfing since I was very young. Growing up in Huntington Beach and surfing through the amateur and professional systems here has made me who I am as a surfer. I have so much support and love from fans and sponsors here in the USA and America will always be part of who I am. I am very appreciative of all that I’ve been given and I want to thank everyone who has supported me on the way. The opportunity to represent Japan on the Championship Tour and potentially in the Olympics is a huge honor and one I am proud to accept. Being able to work with Asian countries as they develop their own unique surf cultures is a really exciting prospect for me and I’ll take everything I have learned around the world, and definitely here in America, as I take on this new challenge. Thank you to everyone who continues to support me and onward and upward in 2018 and beyond.

Kanoa Igarashiさん(@kanoaigarashi)がシェアした投稿 –

サーフィンは世界規模のスポーツ、それがサーフィンを最も好きな理由の一つなんだ。様々な文化を体験したり、人と出会い、世界中の人と波をシェアすることが出来る。
子供の頃からサーフィンで世界を旅行することが出来て本当に幸運だと思うよ。

ハンティントンビーチで成長し、アマチュア、プロの組織でサーフィンして自分はサーファーになった。
アメリカはいつだって自分の故郷だし、ファンやスポンサーからのサポートと愛を沢山貰った。
与えられた全てのこと、この道を支えてくれた全ての人に本当に感謝しているよ。

日本代表としてオリンピック代表の可能性を得たことや、CTに出場することは大きな名誉であり、誇りなんだ。

自分が世界中、特にアメリカで学んだ全てのものを注ぎ、アジア諸国の皆と一緒に独自のサーフカルチャーを開拓することは凄い楽しみなことだし、新しいチャレンジさ。

2018年以降もサポートしてくれる全ての人に感謝します。

(空海)

COVER PHOTO:© WSL / Poullenot

この記事に関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。