『Rip Curl Cup Padang Padang』に松岡慧斗が日本人として初めて招待された!

バリ島で最もハードなバレルとして知られているパダンパダンを舞台としたWSLの招待制イベント『Rip Curl Cup Padang Padang』
昨年ジャック・ロビンソンが優勝したこのイベントが今年も7月1日〜31日のウェイティングピリオドで開催。

タジ・バロウ、カイ・オットン、マット・ウィルキンソン、メイソン・ホー、バロン・マミヤと豪華な招待選手が発表されていたが、タジ、カイ、バロンは見送られ、その代わりにネイザン・フローレンス、クレイ・マルゾー。
そして、今シーズンの『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』で総合優勝と日本人初の快挙を成し遂げた松岡慧斗が日本人として初めてメンバーに加わることに!

現在の予報では20日の土曜日に可能性があるウネリが入る見込み。
パイプラインと同じレフトのバレル、パダンパダン。
松岡慧斗の活躍に期待しよう!

『Rip Curl Cup Padang Padang』公式サイト

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

So stoked to get in #ripcurlcuppadangpadang Thank you so much for inviting me @ripcurlasia @nickchong1 Can’t wait to see beautiful PADANG!! #bali #padangpadang

Keito Matsuokaさん(@keito_matsuoka)がシェアした投稿 –


(空海)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む