Photo: Wavegarden

韓国で誕生予定の世界最大ウェイブプール!早くも建設スタート

今年2019年頭に発表された韓国でウェイブガーデン社の最新造波装置「The Cove(ザ・コーヴ)」を使用し、世界最大のウェイブプールを建設するという大規模な計画。

大抵の場合、ウェイブプール建設計画が発表されても、認可などの問題から予定通りに着工できず、数年遅れとなる事が当たり前となっています。

なのですが、韓国北西部の始興(シフン)市にて計画されている同プロジェクトが、予定通りに起工式を執り行われたとウェイブガーデン社が発表しました。

起工式当日は500名ものVIPが出席し、ウェイブガーデン社のフェルナンド・オドリオゾラCCOも参加。

Photo: Wavegarden

建設プランは2段階のステージに分けられていて、ステージ1ではアジア初となるザ・コーヴを使用したウェイブプールを誕生させ、2020年の一般オープンに向けて動いています。

ステージ2は、ホテル、コンベンションセンター、マリーナ、観覧車などを建設していき、年間2百万人の観光客を見込む観光レジャーの中心地にしようという流れとなります。

今回の起工式を終え、フェルナンド・オドリオゾラCCOは以下のコメントを寄せています。

予想通り、起工式は素晴らしかったです。我々の後援者はサーフィンというスポーツを喜んで受け入れてくれていました。

ウェイブガーデンのプロジェクトは韓国のみならず、アジアの中でサーフィンのメッカになるだろうと手応えを感じています。

Photo: Wavegarden

さて、非常にハイスピードで計画が進んでいる今回のプロジェクト。通常のウェイブプール建設であれば、基本的にウェイブプール単体でのプロジェクトでした。

しかし、韓国での今回のケースはウェイブプールだけではなく、一大リゾート地建設といった感じで大規模であったことから、スピーディーに進んだと言えるのではないでしょうか。

また、住宅エリアではなく、もともと工業地帯であったという場所柄も大きな障害がなかった一因と思われます。

来年オープン予定ということで、韓国ならば日本から近いので訪れてみたいサーファーもいるのではないでしょうか。

World Surf Movies

参照記事「Construction commences on the Wavegarden Cove in South Korea|Wavegarden

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む