Photo;THE SURF NEWS

『一宮千葉オープン』が終了。イベント最終日はエアーショーも開催

2020年東京オリンピックのサーフィン競技会場でもある、千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸(通称:志田下)を舞台に、7日間に渡って開催されていた『Ichinomiya Chiba Open』の全カテゴリーが終了。

本大会のメインイベントでもあるメンズQS6000、ウィメンズQS1000は、一足先に5/4(土)にファイナルまで進行し、共に優勝者が決定。

イベント最終日となる本日は、同時開催のIchinomiya Isumi Super Kids Challenge(U16 Cadet、U12 Grom)の残ヒートが行われた後、恒例のエアーショーも開催。また、スケジュールの合間には参加選手らのサイン会も実施され、クロージングセレモニーにも多くの観客が来場。全カテゴリーの表彰式が行われその幕を閉じた。

サイン会の様子 Photo: THE SURF NEWS

なお、世界中で開催されているQSイベントの中でも、6000のグレード(メンズ)で開催されている『Ichinomiya Chiba Open』は、国内外を問わずCT入りを目指すサーファーにとっては重要なイベント。

昨年、本大会優勝のライアン・カリナン、2位のセス・モニーツは、共にクオリファイを果たし2019年のCTに参戦中。

同じく、今年優勝のナット・ヤングは、今大会で貴重な6000ptを獲得し現在のQSランキングは2位。2020年のCTリクオリファイ(ナットは元CTサーファー)に向け、大きなアドバンテージを得た。準優勝のエヴァン・ガイゼルマンも含め、シーズン中盤~後半戦の成績次第でCT入りがより現実味を増していくこととなる。

※今大会で好成績を納めた稲葉玲王はQSランキング5位、大原洋人は8位につけているが、最終ランキングは全5戦のポイント合計で確定するため、やはり1戦で6000以上のポイントが1つでも欲しいところ。今後の活躍に期待がかかる。

スケジュール前半を中心に、波・コンディションにも恵まれ、海外著名選手らの参戦、日本人選手の活躍など見所が多かった『Ichinomiya Chiba Open』。

2020年にオリンピックを控えサーフィン競技の注目度が高まる中、来年以降もぜひ本大会が開催されることを期待しつつ、イベントを盛り上げてくれた各選手の今後の活躍に注目しよう。

そして明日からは、同会場にていよいよ『第1回ジャパンオープンオブサーフィン』が開催。
2020年東京オリンピックの日本代表選考にもつながる本大会の様子は、引き続きTHE SURF NEWSからもお伝えします。


Cadet(U16)優勝の伊東李安琉 Photo: THE SURF NEWS
わずか0.54ptで優勝を逃した岩見天獅 Photo: THE SURF NEWS
Grom(U12)優勝の渡辺壱孔 Photo: THE SURF NEWS
エアーショー優勝の古川海夕 Photo: THE SURF NEWS
大原洋人はエアーショーで3位 Photo: THE SURF NEWS
本戦で3位入賞を果たした稲葉玲王もエアーショーに参加 Photo: THE SURF NEWS
メンズQS6000結果。
左から1位ナット・ヤング(USA)、2位エヴァン・ガイゼルマン(USA)、3位ジェイク・マーシャル(USA)、3位 稲葉玲王(JPN) Photo: THE SURF NEWS
ウィメンズQS1000結果。
左から1位 都築有夢路 (JPN)、2位 宮坂麻衣子(JPN)、3位 松田詩野(JPN)、3位 前田マヒナ(JPN) Photo: THE SURF NEWS
Cadet(U16)結果。
左から1位 伊東李安琉(JPN)、2位 岩見天獅(JPN)、3位 加藤翔平(JPN)、3位 小濃来波(JPN) Photo: THE SURF NEWS
Grom(U12)結果。
左から1位 渡辺壱孔(JPN)、2位 Mannix Squiers(JPN)、3位 山本來夢(JPN)、3位 酒井仙太郎(JPN) Photo: THE SURF NEWS Photo: THE SURF NEWS
エアーショー結果
左から、1位 古川海夕、2位ジェイク・マーシャル、3位 大原洋人 Photo: THE SURF NEWS

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む