ミック・ファニングが世界のサーフボードをテストライド。『スタブインザダーク』無料試写会のお知らせ

5/17に東京で開催されるザ・ボードルームショー・ジャパンにて、ミック・ファニングが出演した『スタブインザダーク』(日本語字幕付き)が上映される。


世界のトップサーファーが、世界のトップシェーパーのサーフボードを乗り比べるというショートムービー「スタブインザダーク」。
この映画の最大のウリはサーフボードにそのブランドを示すディケールが入っていないということ。つまりテストライダーはブランドに惑わされず、しかも利害関係にも影響されずに、その試したボードを正直に評価しなければならないという設定だ。

@mfanno@stab@corey_wilson

すでにこの企画は3度CTサーファーたちによって行われている。まずはジュリアン・ウィルソン、そして元CT選手だったデーン・レイノルズ、そしてジョディ・スミス。そして今回は3度の世界チャンピオンとなった大御所ミック・ファニングだ。しかもそのテストフィールドは日本。台風の接近に合わせてミックとスタッフが来日しさまざまなタイプの波でテストを繰り返す模様が撮影された。

@mfanno@stab@corey_wilson

今回の「スタブインザダーク」はそのテストの模様に併せ、ミック・ファニングのインタビューも盛り込まれている。その内容はサーフボードに関する彼の見解だ。そこには彼が選手時代に出会ったマジックボードのことも語られている。

ちなみに「スタブインザダーク」はウェブマガジンとして世界的に知られているSTABが指揮を取りRIPCURL、AWAYCO、SUSTAINSURFと、ミック・ファニングが協力して製作。

さらに今回、ボードルームショーで上映されるものには、日本語字幕が付けられていて、より詳しく内容が理解できる。サーフボードに関して深い洞察力を持つミックの、その見識の高さとサーフィンの技術だけでなく、サーフボード・デザインの奥深さにも触れることができるだろう。

@mfanno@stab@corey_wilson

この試写会はメインスポンサーのムラサキスポーツに、THE BOARDROOM SHOW JAPANの協力によって実現した。

協賛各社:マニューバーライン、スマックサーフボード、サーフハードウエアー・インターナショナルジャパン、チャネルアイランド・サーフボードジャパン、コナビール、レフトコーストビール

【試写会に関する詳細】

ザ・ボードルームショー・ジャパン
https://japan.boardroomshow.com
TRC 東京流通センター/会議室
143-0006 東京都大田区平和島6-1-1

2019年5月17日(金) pm 6:00予定
入場料無料ですが会場のキャパの都合により入場制限をする場合があります。

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む