ドコモCM出演:東京オリンピックを目指す13歳の中学生サーファー中塩佳那

2020年東京オリンピックの追加種目にサーフィンが選ばれてからテレビなどのメディアでサーフィンがフィーチャーされることが多くなった。

サーファーならサーフィンがどれだけ激しく、感動的で素晴らしいスポーツであることを一般の人にも伝えたいと思うだろう。
オリンピックは海と縁がない人にそれを伝える大きなチャンス。

国民的行事となった箱根駅伝で流れたCMに2020年東京オリンピック出場を目指す13歳の中学生サーファー中塩佳那が登場。

現在住んでいる一宮の海でのサーフィンシーンや、サーファーになる経緯。
サーフィンの魅力や目標を語っている。

2020年に16歳になる中塩佳那。
東京オリンピック出場、そして金メダルを目指す。

プロフィール
中塩佳那
2004年1月29日生まれ
13歳
宮城県仙台市出身5歳からサーフィンを始める。
東日本大震災をきっかけに母親と兄と共に千葉県一宮町に移住。
2017年の成績はNSAのガールズでランキング1位。
宮崎県のお倉ヶ浜で開催された『2017 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』に日本代表と出場。
16歳以下のクラスで9位。
WSLでは『Ise Shima Pro Junior』で優勝。
ジュニアランキング4位。

兄の中塩裕貴はプロサーファー。

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け!サンプルを読む