Photo: © WSL / Cestari

【図解】2019年WSLチャンピオンシップツアーの試合形式が変更。

2019年のCT(チャンピオンシップツアー)開幕を前に、WSL(ワールドサーフリーグ)は、2019年のCTのフォーマット変更を発表した。

昨年の敗者復活戦(男子ラウンド5/女子ラウンド4)廃止の流れに続くもので、ラウンド1からラウンド3に進出する選手が倍増、ラウンド2の敗者復活戦のヒート数は半減。ラウンド3以降の1対1(マンオンマン)ヒートに重きを置いた試合進行になった。

また、全てのマンオンマンヒートにおいて、2つのヒートを同時進行できる「オーバーラップ」オプションが用意される。全ヒート数に変更はないが、波のコンディションが良いときに、より多くのヒートが消化できるようになる。


メンズCTの変更点詳細

■ラウンド1
3名ヒート×12ヒートは変わらない。
ただし、これまでは1位のみがラウンド3に進出し、2位3位は敗者復活戦となるラウンド2に進んでいたが、今回の変更により1位2位の選手がラウンド3に進出することになる。
■ラウンド2
これまでは2名ヒート×12ヒートだったが、3名ヒート×4ヒートのみに変更。
各ヒートで敗退した選手は33位タイで終了。
■ラウンド3
これまでは2名ヒート×12ヒートだったが、2名ヒート×16ヒートに変更。
各ヒートで敗退した選手は17位タイで終了。
■ラウンド4
これまでは3名×4ヒートだったが、2名×8ヒートに変更
各ヒートで敗退した選手は9位タイで終了。
■クォーターファイナル以降
変更なし

ウィメンズCTの変更点詳細

■ラウンド1
3名ヒート×6ヒート。
ただし、これまでは1位のみがラウンド3に進出していたが、
男子同様、1位と2位の選手がラウンド3直接進出に変更。
■ラウンド2
2名ヒート×6ヒートから、3名ヒート×2ヒートに変更。
各ヒートの最下位の選手が敗退で17位となる。
■ラウンド3
3名ヒート×4ヒートから、2名ヒート×8ヒートに変更。
敗者は9位タイとなる。

今回の変更の目的について、WSLは「選手ファーストの精神に則りパフォーマンスレベルを向上させつつ、観戦ファンを獲得すること」と説明。1対1形式で、各ラウンドで半数が削られていくという試合進行は、サーフィンの試合に詳しくない観客にとっては分かりやすく、ファン層の拡大に力を入れているWSLはそういった観客も意識した上で、今回の変更を行ったことが伺える。

一方で、選手にとっては、これまでは12名の選手が最下位だったが、今後は4名のみとなり、ラウンド2で脱落(1コケ)した場合の年間成績への影響が大きくなることが予想される。年間総合順位を重視する選手にとって、いかにコンスタントにラウンド3、4以降に進むかが肝になってくるだろう。

この新フォーマットは、4月3日からオーストラリア・ゴールドコーストで開幕するCT初戦「Quiksilver Pro & Boost Mobile Pro ゴールドコースト」から適用される。

(THE SURF NEWS編集部)

あわせて読みたい:
2019年WSLチャンピオンシップツアー・スケジュール<要点解説>
https://www.surfnews.jp/feature/3171/
あわせて読みたい:
サーフィン世界ランキングはどのように決まるのか。WSL CTのランキング形式や大会ルールを解説【2018年版】
https://www.surfnews.jp/feature/3171/

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む